2021.08.16 乾燥肌

【医師監修】乾燥肌に美容液は必須アイテム?おすすめ美容成分の特徴も紹介

乾燥肌
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

肌が乾燥すると肌荒れやニキビなどの肌トラブルを引き起こしたり、かゆみや痛みなどの不快な症状が現れたりします。見た目にも肌がひび割れて見えるなど、美容面でも悩みを抱える方も少なくありません。

乾燥肌を改善したい方は、美容液を活用するのがおすすめです。そこで今回は、乾燥肌の方におすすめの美容液成分や美容液を使ったスキンケア方法を紹介します。

今まさに肌の乾燥に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

乾燥肌が気になる場合は美容液を使うべき?

乾燥肌の方は、化粧水だけのスキンケアでは保湿効果を感じられない場合があります。化粧水をつけた後も肌がつっぱるような感覚があったり、肌表面が粉っぽくなったりする場合は肌が乾燥していると考えられるでしょう。

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線など外部からの刺激を受けやすくなるだけではなく、肌内部の水分が蒸発する傾向にあります。

うるおいのある美しい肌を手に入れたい方は、普段からしっかりと肌を保湿してあげましょう。

化粧水など、普段のスキンケアに美容液をプラスすることで、乾燥肌を緩和できる可能性があります。美容液を使用していない方は、この機会にぜひ美容液の導入を検討してみてはいかがですか。

化粧水と美容液の違い

化粧水は主に肌にうるおいを与えて、皮脂の分泌などを抑えながら皮膚の状態を整える役割を果たしています。

化粧水と美容液の成分表は似たような美容成分が記載されていますが、2つの役割は異なります。

化粧水は肌に水分を与えるスキンケアのため、化粧水のほとんどは精製水で作られている商品が多数です。化粧水にも美容成分も含まれていますが、メインの成分は「水分」と考えるとわかりやすいです。

美容液は、目的に合わせて肌の集中ケアをするスキンケアアイテムです。美容液成分で保湿やアンチエイジング、美白などの「なりたい肌」に導く効果が期待できるのが美容液です。

美容液はほとんどが美容成分で作られており、美容効果を補強する役割を持っています。肌悩みに合わせてケアできるのは、美容液の魅力と言えます。

乾燥肌改善が期待できる美容液の選び方

美容液を選ぶ際は、肌への刺激や負担が少ない商品を選択することが大切です。例えば、界面活性剤は肌の刺激となり、皮膚膜が脱落して肌のバリア機能を弱める可能性があります。

すべての界面活性剤が肌へ負担を与えるとは限りませんが、刺激が気になる方は界面活性剤が使われていない美容液を選ぶと良いでしょう。

乾燥肌が気になる方は、保湿効果が高い美容液を選ぶとよいです。肌への刺激が心配な方は、香料や防腐剤、アルコールなどを含まない美容液を選びましょう。

はじめて美容液を活用する方は、お試しパックなど少量で販売されている商品をいくつか試してみるのも良いかもしれません。

さまざまな美容液を試しながら自分に合った美容液を活用し、うるおいのある肌を手に入れてください。

乾燥肌改善が期待できる美容液の成分

乾燥肌が気になる方のために、保湿効果に期待ができる美容液成分を紹介します。美容液をスキンケアに取り入れたい方は、以下の成分をチェックしながら、購入の際に商品の比較検討をしましょう。

セラミド

セラミドは皮膚の細胞と細胞を繋ぎ合わせる役割を持っている成分です。肌のうるおいをとじ込める役割もあるため、乾燥肌を防ぐためにもスキンケアでセラミドを補給してあげましょう。

セラミドが減少すると肌内部の水分が蒸発し、乾燥肌を引き起こす可能性があります。肌のバリア機能を高める美容成分のため、セラミドが減少すると敏感肌になる場合もあるので注意してください。

乾燥肌が気になる方は、セラミドが含まれた美容液を選ぶことをおすすめします。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は細胞間に水分を与えたり、クッション材になったりする役割があります。ヒアルロン酸が十分に蓄えられていれば、乾燥することも少ないでしょう。

しかし残念ながら、ヒアルロン酸は30代から減少する傾向にあります。肌に必要なヒアルロン酸を与えるためにも、美容液を活用すると良いかもしれません。

ヒアルロン酸は肌のシワやシミ、たるみの改善にも期待ができるため、年齢肌が気になる方にもおすすめの成分と言えます。

コラーゲン

コラーゲンはタンパク質の1つです。肌をはじめ、筋肉や骨を作る大切な役割を持っています。

水分を蓄える性質を持っているため、コラーゲンはみずみずしい肌をキープするために必要な美容液成分と言えるでしょう。

コラーゲンは加齢と共に減少する傾向にあるため、美容液で補填してあげると良いかもしれません。肌の弾力やハリ感をアップさせる美容成分であるため、アンチエイジング効果にも期待ができるでしょう。

グリセリン

グリセリンは古く昔から愛用されてきた保湿剤です。皮膚成分の1つで、無色透明の粘り気のある液体がグリセリンの特徴です。

スキンケア商品にも多く使われている美容液成分のため、グリセリンを試したことがある方も多いでしょう。

グリセリンは肌にしっとりとしたうるおいを与えるため、乾燥肌の方にはおすすめの美容液成分です。吸いつくようなうるおいのある肌を手に入れたい方は、グリセリン入りの美容液を試してみるのも良いかもしれません。

シュガースクワラン

シュガースクワランは、数あるスクワランの中でも化学物質が使われていない天然系の保湿剤です。

スクワランは皮脂膜を作るのに必要な美容成分で、紫外線や空気中の汚れや雑菌から肌を守る役割を持っていると言われています。

肌を外部の刺激から守りたいという敏感肌の方にもおすすめできる成分です。

エラスチン

エラスチンは繊維状のタンパク質の1つで、ゴムのように伸び縮みする性質を持っています。コラーゲン同士を繋ぎ合わせる役割を持っているため、肌のハリや弾力をサポートする重要な美容成分です。

エラスチンは25歳を超えたあたりから徐々に減少しはじめ、40代以降は減少スピードが加速します。

エラスチンが減少すると肌がたるむほか、シワの要因になるため、意識的に補給してあげたい美容成分です。

また、エラスチンは肌の表面に水分を蓄える性質があるため、減少すると乾燥肌を引き起こす原因となる可能性があります。

市販の美容液にもエラスチンが豊富に配合された商品がたくさんありますので、肌のハリ不足やシワが気になる方、乾燥肌が気になる方はエラスチンが配合された美容液を活用してみても良いでしょう。

美容液の使い方

美容液を使ったことがない方は、スキンケアに取り入れるタイミングを知っておくことが大切です。美容液の効果を引き出すためにも、以下のスキンケアの順序を覚えておきましょう。

【美容液を使ったスキンケア方法】

  • まずはクレンジングや洗顔で肌を清潔にする
  • 肌がきれいになったら、化粧水で肌に水分を与える
  • 化粧水が浸透したら、次に美容液を適量肌に塗布する
  • 最後に化粧水や美容液の蒸発を防ぐために、乳液や保湿クリームで肌にフタをする

これまで化粧水や乳液だけでスキンケアを済ませていた方は、美容液をプラスすることで肌の変化を感じられるかもしれません。

スキンケアは継続が大切です。いまいち美容液の効果が感じられない方も、根気よくスキンケアを続けてみてください。

美容液を活用して乾燥肌対策!うるおいのある肌を手に入れよう

美容液は「うるおいのある肌」や「ハリのある肌」など、目指したい肌に必要な美容成分を補給するスキンケアアイテムです。

美容成分を補強することで、乾燥肌の要因を改善できる可能性があります。無理に高価な美容液を導入する必要はありません。まずは無理なく続けられる美容液を試してみましょう。

美容液の使い方も参考に、今日からさっそく美容液を活用しながら丁寧なスキンケアを楽しんでください。

中島医師よりコメント
化粧水、乳液でも潤いが足りないと感じた場合は美容成分が豊富に含まれている美容液をプラスしてみましょう。化粧水でお肌を整えた後は美容成分を吸収しやすくなっていますので、あまり時間をおかずに化粧水、美容液、乳液とスキンケアを行いましょう。

監修者
監修者_中島
医師:中島由美
金沢医科大学医学部を卒業後、大学病院で小児科、市中病院で内科医として勤務。皮膚科、美容皮膚科でも研鑽を積み、2018年クリスタル医科歯科クリニックにて内科、アレルギー科、美容皮膚科を開設。内科院長として勤務。

この記事で紹介された商品について

ベビーワセリン

皮膚、口唇の保護に
無香料、無着色、パラベンフリーで赤ちゃんの乾燥した肌にも

ベビーワセリンについてくわしく見る

【医師監修】乾燥肌に美容液は必須アイテム?おすすめ美容成分の特徴も紹介

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】乾燥肌に美容液は必須アイテム?おすすめ美容成分の特徴も紹介

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ