化学的殺菌・消毒剤(医療用器具・機器・装置専用)劇薬

フタラール消毒液0.55%「ケンエー」

殺菌効果試験

フタラール消毒液0.55%「ケンエー」の殺菌効果について評価するため、一般細菌14種(グラム陽性菌7種、グラム陰性菌7種)、真菌2種及び芽胞菌2種の計18菌種に対する殺菌効果試験を実施した。なお、清潔な状態(Clean条件)及び有機物として10v/v%ヒト血清を添加した不潔な状態(Dirty条件)の2種類の条件下で試験を実施した。

その結果、一般細菌及び真菌ではDirty条件下の希釈液(0.35%)において非結核性抗酸菌の一部菌株に対して10分間を要したが、その他の供試菌株に対しては5分以内で十分な殺菌効果を示した。また、芽胞菌では両製剤ともにBacillus subtilis ATCC 6633に対して4~8時間、Clostridium sporogenes NBRC 14293に対して5~10分間で十分な殺菌効果を示した(表1)。

以上のことから、フタラール消毒液0.55%「ケンエー」は優れた殺菌効果を有していることが確認された。

【試験方法】
米国試験材料協会(ASTM International)が定めるASTM E2315-03(Time-Kill試験)に準じ、接種用菌液0.1mLを供試製剤9.9mLに接種し撹拌後、経時的に0.5mLを取り、不活化液(3w/v%グリシン含有生理食塩水)4.5mLに加えた。撹拌して不活化した後、寒天平板混釈法により生残菌数を測定した。
【評価方法】
接種菌数に対する各作用時間における減菌率(%)を算出し、99.999%以上(非結核性抗酸菌は99.99%以上)の減少に要した時間を殺菌時間として評価した。

表1.各種細菌及び真菌に対する殺菌時間(Time-Kill試験)

供試菌株 殺菌時間*1
原液
(0.55w/v%)
希釈液
(0.35w/v%)
Clean*2 Dirty*3 Clean*2 Dirty*3
グラム陽性菌 Enterococcus faecalis ATCC 29212
(腸球菌)
≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
Staphylococcus aureus NBRC 12732
(黄色ブドウ球菌)
≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
Methicillin-resistant
Staphylococcus aureus ATCC 33591
(MRSA:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)
≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
非結核性抗酸菌 Mycobacterium avium RIMD 1312004 3分間 3分間 5分間 10分間
Mycobacterium chelonae ATCC 14472 3分間 5分間 5分間 10分間
Mycobacterium gordonae ATCC 14470 30秒間 30秒間 30秒間 1分間
Mycobacterium terrae ATCC 15755 3分間 5分間 5分間 10分間
グラム陰性菌 Burkholderia cepacia NBRC 15124 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
Escherichia coli NBRC 3806(大腸菌) ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
Helicobacter pylori JCM 12093
(ピロリ菌)
≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
Klebsiella pneumoniae ATCC 10031
(肺炎桿菌)
≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
Pseudomonas aeruginosa NBRC 13275
(緑膿菌)
≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
Salmonella enterica NBRC 3313 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
Serratia marcescens NBRC 12648 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
真菌 Candida albicans NBRC 1594 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間 ≦15秒間
Aspergillus brasiliensis NBRC 9455
(クロコウジカビ)
30秒間 1分間 30秒間 1分間
芽胞菌 Bacillus subtilis ATCC 6633(枯草菌) 4時間 4時間 8時間 8時間
Clostridium sporogenes NBRC 14293 5分間 5分間 5分間 10分間
  • *1:99.999%以上(非結核性抗酸菌は99.99%以上)の減少に要した時間
  • *2:10v/v%ヒト血清添加なし
  • *3:10v/v%ヒト血清添加あり