化学的殺菌・消毒剤(医療用器具・機器・装置専用)劇薬

フタラール消毒液0.55%「ケンエー」

ウイルス不活化効果試験〈in vitro 〉

フタラール消毒液0.55%「ケンエー」のウイルス不活化効果について評価するため、エンベロープウイルス3種及びノンエンベロープウイルス3種の計6種のウイルスを用いて試験を実施した。

その結果、全ての供試ウイルスに対して15秒以内で十分な不活化効果(99.9%以上)を示した(表2)。

以上のことから、フタラール消毒液0.55%「ケンエー」は優れたウイルス不活化効果を有していることが確認された。

【試験方法】
ウイルス液0.1mLを供試製剤0.9mLに接種し撹拌後、経時的(15、30秒及び1分後)に0.1mLを取り、3w/v%グリシン液1mLに加えた。撹拌して不活化した後、ウイルス感染価(TCID50*4)の測定を行った。供試製剤の代わりにダルベッコ変法イーグル(DMEM)培地を用いた場合についても同様に試験を実施し、コントロールとした。なお、ウイルス感染価は顕微鏡観察により細胞変性効果(CPE)の有無を確認して評価した。
*4:tissue culture infective dose(50%),50%感染価(培養細胞の50%を感染させるウイルス量)
【評価方法】
コントロールに対する各作用時間におけるウイルス感染価の不活化率(%)を算出し、99.9%以上の不活化に要した時間をウイルス不活化時間として評価した。

表2.各種ウイルスに対する不活化効果

供試ウイルス ウイルス不活化時間*5
原液
(0.55w/v%)
希釈液
(0.35w/v%)
エンベロープ
ウイルス
単純ヘルペスウイルス1型(HF株) ≦15秒間 ≦15秒間
インフルエンザウイルスA(H1N1)pdm09
(A/Osaka/2042株)
≦15秒間 ≦15秒間
インフルエンザウイルスA(H1N1)pdm09
(A/Osaka/2042株)
≦15秒間 ≦15秒間
ノンエンベロープウイルス ポリオウイルス2型(Sabin2株) ≦15秒間 ≦15秒間
コクサッキーウイルスB5型(臨床分離株) ≦15秒間 ≦15秒間
アデノウイルス2型(Ad.6株) ≦15秒間 ≦15秒間
  • *5:99.9%以上の不活化に要した時間