化学的殺菌・消毒剤(医療用器具・機器・装置専用)劇薬

フタラール消毒液0.55%「ケンエー」

金属に対する影響

フタラール消毒液0.55%「ケンエー」の金属に対する影響について評価するため、供試製剤に金属6種を室温にて14日間もしくは1ヵ月間浸漬した際の材質の変化について、精製水と比較検討した。

その結果、フタラール消毒液0.55%「ケンエー」では、ニッケルメッキSK鋼で変色が認められたが、その他の材質で変化は認められなかった。精製水では、ニッケルメッキSK鋼で刃先が黒色に変化したが、その他の材質で変化は認められなかった(表4)。

以上のことから、フタラール消毒液0.55%「ケンエー」はステンレス、アルミニウム及び銅に対して影響を及ぼさないものの、ニッケルメッキSK鋼に影響を及ぼすことが確認された。フタラール消毒液0.55%「ケンエー」の用法で規定される5分間、または消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサエティ実践ガイド[改訂版]2)で規定される10分間程度の接触では大きな影響を及ぼさないと考えられるが、一部の金属に対して長時間の接触を避けることが望ましいと考えられる。

【試験方法】
供試製剤を入れた容器に各種金属片をそれぞれ浸漬させ、室温にてステンレス及びニッケルメッキSK鋼は1ヵ月間、アルミニウム及び銅は14日間放置した後、各金属の変化を観察した。

表4.金属に対する影響

材質 14日間浸漬後の外観変化*8
フタラール消毒液
0.55%「ケンエー」
精製水
ステンレス SUS304 変化なし 変化なし
SUS316L 変化なし 変化なし
SUS420J2 変化なし 変化なし
アルミニウム 変化なし 変化なし
変化なし 変化なし
ニッケルメッキSK鋼
(新品のメス)
鉛色に変化 刃先が黒色に変化
  • *8:ステンレス及びニッケルメッキSK鋼については1ヵ月間浸漬後も14日間浸漬後と結果は同じであった。