知って得する! 腸活コラム 知って得する! 腸活コラム

VOL.12 旅行中に便秘になりがちな理由とは? 旅先でもできる解消方法を紹介!

普段の生活では快便なのに、なぜか旅行の時に限って便秘になるという人もいるのではないでしょうか? 楽しい旅の途中で便秘になってしまうと、せっかくの食事や観光が台無しですよね。実は、旅行には便秘を引き起こす要因がたくさん潜んでいます。万全の状態で旅行を楽しむためには、その要因を知っておくことが大切です。今回は、そんな旅先で便秘を引き起こす要因や、便秘の予防・解消法を紹介します。皆さんも、ぜひ参考にしてみてください。

旅行中に便秘になりがちな理由

旅行先での便秘には、次のような要因が考えられます。

●環境の変化によるストレス
朝早くから動き回ったり、時間を気にせず食べ歩きを楽しんだりしていると、普段の生活リズムが狂ってしまい、自分でも気付かないうちに神経が緊張してしまうことがあります。そんな疲れた状況でホテルに戻り、さらに慣れない部屋のためリラックスできなかったということもあるかもしれません。こういった普段とは異なる環境によるストレスが蓄積されることで、自律神経が乱れて腸の動きが弱まり、便秘になってしまうことがあるようです。
●水分不足
観光に夢中になっていると、ついつい水分補給を忘れてしまいがち。また、喉の渇きを感じても、近くに飲み物を買う場所が無ければ水分が取れません。そんな風に、水分補給が疎かになってしまうと、体内の水分が不足して便が硬くなり、便秘の発症につながります。
●栄養バランスが偏った食事
旅行中は、ご当地グルメや、自分が好きなものばかりを食べてしまい、栄養バランスが偏ってしまうもの。その結果、腸のぜん動運動を促す働きのある食物繊維の摂取量が減ると、体内の消化活動が滞って便秘を引き起こすことが考えられます。
●睡眠不足
ホテルのベッドの枕が合わず、なかなか寝付けないこともあるでしょう。しかし、翌日に観光やチェックアウトの予定があると、朝は早く起きなければいけません。そうして寝不足が続いた結果、自律神経のバランスが悪くなり、便秘を起こす可能性もあるようです。

旅行先で便秘にならないための対処法は?

便秘になると、腸内の悪玉菌が増加し、ガスが発生しやすくなります。そのため、お腹が張った状態となり、食欲不振や吐き気、腹痛を起こすことが考えられます。さらに、気持ちがイライラしたり、めまいや頭痛、肩こりを感じたりすることもあるので、せっかくの旅行が楽しめなくなるかもしれません……。そんな状態にならないためにも、旅行中に気をつけたいポイントについてお伝えしましょう。

・しっかり歩く
適度な運動は、腸の動きを促す効果が期待できるといわれています。旅行先では乗り物に乗って移動したり、観光したりすることが多いかもしれませんが、歩ける場所では積極的に歩き、なるべく体を動かすようにしましょう。
・こまめな水分補給
水分不足による便秘を防ぐためには、こまめに水を飲むことが大切です。ペットボトルの飲み物を携帯し、いつでも水分補給ができる準備をしておきましょう。
・トイレの場所を確認しておく
トイレの場所が分からなければ、便意を感じた時に駆け込むことができません。そのため、観光地や乗り物内のどこにトイレがあるのかを、あらかじめ調べておくのがおすすめです。さらに、旅行のタイムスケジュールもしっかりと把握しておけば、トイレに行けるタイミングの目処もつけやすいでしょう。

旅行先でもできる便秘解消法

旅行中に便秘になってしまったら、次の方法を試してみてください。

●ホテルでできる簡単マッサージ
軽く膝を立てた状態で仰向けになり、お腹をマッサージします。親指以外の4本の指を使い、おへその下から時計回りに「の」の字を書くように軽い力で指圧してください。大腸の形に合わせて、ぜん動運動を促すようにゆっくりとマッサージするのがポイントです。同じ動きを30回ほど繰り返しましょう。
●便秘解消に!おすすめの食べ物
腸の動きをよくするためには、水分と一緒に食物繊維を取ることが大切。食物繊維には便のカサを増やして腸壁を刺激し、腸のぜん動運動を促す効果があります。食物繊維を多く含む葉物野菜や根菜、果物、海藻、キノコなどを意識して食べましょう。また、乳酸菌を多く含むヨーグルトなどの乳製品もおすすめです。

まとめ

旅行中は生活リズムが狂いやすく、ストレスや睡眠不足、食事の変化によって便秘を発症するリスクが高まることが分かりました。しかし、移動を徒歩にしたり、水分を携帯するなど、少しの意識で便秘になるリスクは抑えることができます。心配な人は、今回ご紹介した予防法や解消法を参考にしてみてくださいね。それでも不安な人や、普段から便秘になることが多い人は、市販薬を携帯するのも一つの方法です。

酸化マグネシウムは非刺激性 酸化マグネシウムは非刺激性
POINT 1 お腹が痛くなるにくい。 POINT 1 お腹が痛くなるにくい。
POINT 2 クセになりにくい。 POINT 2 クセになりにくい。