消毒剤の基礎

消毒剤の基礎 項目一覧

5.消毒剤の分類と特性

消毒剤の分類は種々あるが、一般には ①化学的分類 ②用途別分類 ③抗微生物スペクトルによる分類などにより分けられている。

(1)化学的分類

化学的に分類したものを表4に示す。

表4.化学的分類

分類 消毒剤
アルコール系 エタノール
イソプロパノール
エタノール・イソプロパノール配合製剤
アルデヒド系 グルタラール
フタラール
ホルマリン
塩素系 次亜塩素酸ナトリウム
ヨウ素系 ポビドンヨード
ヨードチンキ
フェノール系 フェノール
クレゾール石ケン液
第四級アンモニウム塩系 ベンザルコニウム塩化物
ベンゼトニウム塩化物
両性界面活性剤系 アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩
ビグアナイド系 クロルヘキシジングルコン酸塩
酸化剤系 過酢酸
オキシドール
色素系 アクリノール水和物

(2)用途別分類

用途別に分類したものを表5に示す。

表5.用途別分類

用 途 別

消 毒 剤

手指皮膚 手術部位 創傷部位 排泄物 金属
器具
非金属
器具
環境
皮膚 粘膜 皮膚 粘膜
グルタラール × × × × × × ×
過酢酸 × × × × × × ※1 ※3 ×
フタラール × × × × × × ×
ホルマリン × × × × × ×
次亜塩素酸ナトリウム × × ×
ポビドンヨード × × × ×
ポビドンヨード・スクラブ × × × × × × ×
ヨードチンキ × × × × × ×
エタノール × × × × ※2 ※3 ×
エタノール・ラビング × × × × × × × ×
イソプロパノール × × × × × ※2 ※3 ×
エタノール・イソプロパノール配合製剤 × × × × × ※2 ※3 ×
ベンザルコニウム塩化物・エタノール・ラビング × × × × × × × ×
クロルヘキシジングルコン酸塩・エタノール・ラビング × × × × × × × ×
クロルヘキシジングルコン酸塩・エタノール × × × × × ※2 ※3 ×
フェノール × × ×
クレゾール石ケン液 × × ×
オキシドール × × × × × × ×
ベンザルコニウム塩化物 ※2 ※3
着色剤添加ベンザルコニウム塩化物 × × × ※2 ※3
8%エタノール添加ベンザルコニウム塩化物 × × × ※2 ※3
防錆剤添加ベンザルコニウム塩化物 × × × × × × ※3 ×
ベンゼトニウム塩化物 ※2 ※3
アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩 ※2 ※3
クロルヘキシジングルコン酸塩 × × × ※2 ※4
クロルヘキシジングルコン酸塩・スクラブ × × × × × × × ×
アクリノール水和物 ※5 × × × ×

○:使用可能 △:注意して使用 ×:使用不可

  • ※1:腐蝕のため、鉄、銅、真ちゅう、亜鉛鋼鈑、炭素鋼の材質には使用できない。
  • ※2:長時間浸漬時には防錆剤添加。
  • ※3:ゴム、樹脂製品などを変質・変色することがある。
  • ※4:着色製剤の場合、接着剤を使用したガラス器具などを長期保存しないこと。
  • ※5:化膿局所の消毒に0.05~0.2%溶液使用。

(3)抗微生物スペクトルによる分類

消毒剤を抗微生物スペクトルにより分類したものを表6に示す。
また、抗微生物スペクトルの広さから高度・中等度・低度の3分類に分けられる。

表6.抗微生物スペクトルによる分類

区分

消毒対象
微生物

消毒剤

一般細菌 緑膿菌 MRSA 結核菌 芽胞 真菌 ウイルス
(エンベロープあり)
ウイルス
(エンベロープなし)
高度 グルタラール
過酢酸
フタラール
中等度 ホルマリン
次亜塩素酸ナトリウム
ポビドンヨード ×
ポビドンヨード・スクラブ ×
ヨードチンキ ×
エタノール ×
エタノール・ラビング ×
イソプロパノール ×
エタノール・イソプロパノール配合製剤 ×
ベンザルコニウム塩化物・エタノール・ラビング ×
クロルヘキシジングルコン酸塩・エタノール・ラビング ×
クロルヘキシジングルコン酸塩・エタノール ×
フェノール × ×
クレゾール石ケン液 × ×
オキシドール     ×      
低度 ベンザルコニウム塩化物 × × ×
着色剤添加ベンザルコニウム塩化物 × × ×
8%エタノール添加ベンザルコニウム塩化物 × × ×
防錆剤添加ベンザルコニウム塩化物 × × ×
ベンゼトニウム塩化物 × × ×
アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩 × ×
クロルヘキシジングルコン酸塩 × × ×
クロルヘキシジングルコン酸塩・スクラブ × × ×
アクリノール水和物     × ×      

※:芽胞に対する効果は弱い

  • ○:有効
  • △:効果が得られにくいが、高濃度の場合や時間をかければ有効となる場合がある
  • ×:無効