消毒剤の基礎

消毒剤の基礎 項目一覧

8.手指の消毒法

手指の消毒法としては、以下の3つの方法がある(表10)。

表10.手指の消毒法

消毒法 消毒方法・注意点 主な使用消毒剤
清拭法
(Swab Method)
綿球やガーゼに消毒剤を十分染み込ませたもので拭き取る方法。
消毒剤をたっぷりと浸すことが重要であり、皮膚と消毒液が一定時間以上接触している必要がある。強く搾り過ぎると蒸発し効果が減じる。
エタノール
イソプロパノール
スクラブ法
(Scrub Method)
洗浄剤を配合した手洗い用消毒剤を使ってよく泡立てて擦った後、流水で洗い流す方法。
洗浄と消毒とが同時に行える。
クロルヘキシジングルコン酸塩・スクラブ
ポビドンヨード・スクラブ
擦式法
(Rubbing Method)
エタノールに保湿剤を添加した製剤や、エタノールに殺菌成分を配合した速乾性手指消毒剤を手掌に十分量をとり、水を使用せずに乾燥するまですり込んで消毒する方法。
水道や流しのない場所や迅速な手指消毒が必要な場合に行う。
エタノール・ラビング
ベンザルコニウム塩化物・エタノール・ラビング
クロルヘキシジングルコン酸塩・エタノール・ラビング
ポビドンヨード・エタノール・ラビング

古くはベースン法(浸漬法)が使用されていたが、交差感染を起こす危険性があるため、現在は使用されていない。