消毒薬のQ&A

消毒薬の基礎知識

フタラールとグルタラールの違いは?

フタラールとグルタラールはいずれもホルマリンの改良型です。したがって、これら2剤は類似化合物といえます。
フタラールとグルタラールの相違点は次のとおりです。フタラールはグルタラールに比べて蒸発しにくいので、刺激臭が少ないというメリットがあります。また、グルタラールと異なり、フタラールでは緩衝化剤の添加が不要で、経時的な分解が生じないという利点があります。
一方、フタラールのランニングコストはグルタラールの約2倍と高いです。また、フタラールは蛋白と強固に結合することから、グルタラールに比べてすすぎ(リンス)が行いにくいといった欠点があります。したがって、フタラールは内視鏡自動洗浄機での使用にとどめるのが望ましいです。さらに、フタラールではバチルス属(枯草菌など)の芽胞の殺滅に48~96時間を要するため、化学滅菌剤としての使用は勧められません。たとえば、関節鏡などの緊急滅菌ではフタラールの使用は控え、グルタラールを用います。表1に高水準消毒薬の特徴をまとめました1-17)

表1.高水準消毒薬の特徴
消毒薬 消毒に要する時間 滅菌に要する時間 利点 欠点
グルタラール
ステリゾール
ステリハイド
ステリスコープ
サイデックス
グータルハイド
クリンハイド
グルトハイド
ステリコール
ソレゾール
デントハイド
ワシュライト
10分間 6時間 ・材質を傷めにくい
・比較的安価
刺激臭が強い
フタラール
フタラール0.55%液「ケンエー」
ディスオーパ
など
10分間 96時間 ・材質を傷めにくい
・緩衝化剤の添加が不要
蛋白と結合する
(汚れが残留していると,すすぎが行いにくい)
過酢酸
アセサイド
エスサイド
5分間 10分間 ・殺菌力が強い
・カセット方式のため,自動洗浄機への充填時での蒸気曝露がない
材質劣化作用がある

引用文献

  1. 消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサエティ実践ガイド作成委員会: 消化器内視鏡の感染制御に関するマルチソサエティ実践ガイド〔改訂版〕. 環境感染 28, 平成25年7月10日発行.
  2. 小林晃子, 尾家重治, 神谷 晃: 高水準消毒薬の殺芽胞効果に及ぼす温度および有機物の影響. 環境感染 21: 236-240, 2006.
  3. Rutala WA, Clontz EP, Weber DJ, Hoffmann KK. Disinfection practices for endoscopes and other semicritical items. Infect Control Hosp Epidemiol 12: 282-288,1991.
  4. Ayliffe GAJ, Babb JR, Bradley CR. Sterilization of arthroscopes and laparoscopes. J Hosp Infect 22: 265-269, 1992.
  5. Rutala WA, Gergen MF, Weber DJ. Sporicidal activity of chemical sterilants used in hospitals. Infect Control Hosp Epidemiol 14: 713-718, 1993.
  6. Taylor EW, Mehtar S, Cowan RE, Feneley RC. Endoscopy: disinfectants and health. Report of a meeting held at the Royal College of Surgeons of England, February 1993. J Hosp Infect 28: 5-14, 1994.
  7. Jetté LP, Ringuette L, Ishak M, Miller M, Saint-Antoine P. Evaluation of three glutaraldehyde-based disinfectants used in endoscopy. J Hosp Infect 30: 295-303, 1995.
  8. Cowan T. Sterilising solutions for heat-sensitive instruments. Prof Nurse 13: 55-58, 1997.
  9. BSG Endoscopy committee Working Party. Cleaning and disinfection of equipment for gastrointestinal flexible endoscopy: Report of a Working Party of the British Society of Gastroenterology endoscopy committee. Gut 29: 1134-1151,1988.
  10. Walsh SE, Maillard J-F, Russell AD,. Ortho-phthalaldehyde: a possible alternative to glutaraldehyde for high level disinfection. Appl Microbiol 86: 1039-1046, 1999.
  11. Alvarado CJ, Riechelderfer M,. APIC guideline for infection prevention and control in flexible endoscopy. Am J Infect Control 28: 138-155, 2000.
  12. Honeybourne D, Babb J, Bowie P, Brewin A, Fraise A, Garrard C, et al. British Thoracic Society guidelines on diagnostic flexible bronchoscopy. Thorax 56(Suppl 1): i1-i21, 2001.
  13. 尾家重治, 神谷 晃: アルデヒド系消毒薬の殺芽胞効果. 環境感染 18: 401-403, 2003.
  14. Rey JF, Bjorkman D, Duforest-Rey D, Axon A, Saenz R, Fried M, et al. OMGE/OMED Practice Guideline Endosocpe Disinfection. Dec 14, 2005. http://www.omed.org/downloads/pdf/guidelines/wgo_omed_endoscope_disinfection.pdf
  15. Nelson DB, Muscarella LF. Current issues in endoscope reprocessing and infection control during gastrointestinal endoscopy. World J Gastroenterol 12: 3953-3964, 2006.
  16. ASGE Quality Assurance in Endoscopy Committee. Multisociety guideline on reprocessing flexible gastrointestinal endoscopes: 2011. Gastrointest Endosc 73: 1075-1084, 2011.
  17. Oie S, Obayashi A, Yamasaki H, Furukawa H, Kenri T, Takahashi M, Kawamoto K, Makino S. Disinfection methods for spores of Bacillus atrophaeus, B. anthracis, Clostridium tetani, C. botulinum and C. difficile. Biol Pharm Bull 34: 1325-1329, 2011.