消毒薬のQ&A

消毒薬の基礎知識

消毒薬の混合(併用)は?

アルコールは他の消毒薬との併用で、相乗効果が得られることが分かっています。したがって、アルコールと他の消毒薬の併用は、消毒対象によっては望ましい方法といえます。

エタノールへのクロルヘキシジンの添加

皮膚消毒にエタノールとクロルヘキシジンとを併用すると、エタノールの即効性と、クロルヘキシジンの持続性が期待できます1,2)。したがって、0.5~1%クロルヘキシジンアルコール(ステリクロン®Bエタノール液1%など)がカテーテル刺入部位の消毒に、0.5%クロルヘキシジンアルコール(ステリクロン®Wエタノール液0.5、ステリクロン®ハンドローション0.5%など)が手術野(正常皮膚)や術前手指などの消毒に汎用されています。

ベンザルコニウム塩化物へのエタノールの添加

ベンザルコニウム塩化物に少量のエタノールを加えると、ベンザルコニウム塩化物が微生物汚染を受けなくなります。したがって、8%エタノールを添加した0.1%ベンザルコニウム塩化物(ザルコニン®A液0.1など)が気管内吸引チューブの浸漬消毒や、入れ歯の浸漬液として用いられています(図1)3)

図1.入れ歯浸漬液として8%エタノール添加0.1%ベンザルコニウム塩化物を使用

引用文献

  1. Nishihara Y, Kajiura T, Yokota K, et al: Antimicrobial efficacies of chlorhexidine gluconate-alcohols and a povidone-iodine solution as skin preparations in vivo. Healthcare Infect 17: 52-56, 2012.
  2. Yamamoto N, Kimura H, Misao H, et al: Efficacy of 1.0% chlorhexidine-gluconate ethanol compared with 10% povidone iodine for long-term central venous catheter care in hematology departments; A prospective study. Am j Infect Control 42: 574-576, 2014.
  3. 尾家重治, 神谷 晃: 気管内吸引チューブの微生物汚染とその対策. 環境感染 8: 15-18, 1993.