手指衛生

手指消毒に関するQA

アルコール擦式製剤を使用する時の注意点はありますか?
アルコール擦式製剤は、消毒効果はありますが、汚れを落す効果はありませんので、手が目に見えて汚れている時には、石けんと流水による手洗いを行います。アルコール擦式製剤を効果的に使用するには、手指全体に薬液が行き渡る十分な量を使用することが必要です。必要量は、製剤によって違いますが、15秒以内に乾かない程度の量が必要です。使用量の目安は、Q2をご参照ください。
アルコール擦式製剤の適切な使用量は?
【衛生的手洗いの場合】
アルコール擦式製剤は、その使用量により手指消毒効果に差がみられることが報告されており、液状製剤の場合、1mLの使用量では3mL使用した場合に比べ、著しく効果が劣ることが証明されています34)。ゲル状製剤でも、2mL以上使用することが必要であると報告されています35)

【手術時手洗いの場合】
手術時手洗いの方法は、各施設により様々です。手術時手洗いの範囲は広範囲に及ぶため、アルコール擦式製剤を擦り込んでいる途中で乾いたら適宜追加しながら十分な量を使用することが大切です。アルコール擦式製剤を用いた手術時手洗いの例はこちらをご参照ください。
抗菌性スクラブ製剤は、クロルヘキシジングルコン酸塩製剤とポビドンヨード製剤どちらがいいのでしょうか?
ポビドンヨードは、抗菌スペクトルが広く広範囲の微生物に効果を示しますが、クロルヘキシジングルコン酸塩は皮膚と強い親和性があるため、臨床での消毒効果および持続性は、クロルヘキシジングルコン酸塩の方が優れています29,30)
しかし、過敏症や手荒れなど個体差などもあるため、選択できるように複数設置するなどの工夫も必要です。
手術時手洗いの際、手拭きに使用するペーパータオルは、滅菌済みを使用するべきですか?
従来、手拭きタオルは、綿タオルや綿ガーゼなどが再使用されてきましたが、近年は多くの施設で不織布のディスポーザブル製品が使用されています。従来の抗菌性スクラブ製剤による消毒方法においては、無菌操作の必要があるため、滅菌のペーパータオルが必要です。しかし、アルコール擦式製剤によるラビング法の前に行う予備洗浄の際は、無菌操作ではありませんので、未滅菌タオルで問題ありません。
アルコール擦式製剤には、液状製剤とゲル状製剤がありますが、どちらがいいのでしょうか?
【衛生的手洗いの場合】
液状製剤とゲル状製剤の殺菌効果を比較した検討では、液状製剤の減菌率が約99.99%に対し、ゲル状製剤の減菌率は約99.9%と報告されています8)。しかし、衛生的手洗いは、手指に付着する通過菌を除去することを目的としており、また、接触によって手指に付着する微生物数が100~1000個であるとの報告36)から考えると、ゲル状製剤であっても衛生的手洗いに必要な要件は満たしていると考えられます。また、臨床現場に即した状況での液状製剤とゲル状製剤の殺菌効果の比較検討において、両剤の殺菌効果に有意差がないことが報告されています11)
衛生的手洗いにおいては、手洗いのコンプライアンスの向上が重要であり、ゲル状製剤、液状製剤を問わず、各製剤の使用感などを考慮し、医療従事者の方々が受け入れやすい製剤を選択することが重要です。

【手術時手洗いの場合】
手術時手洗いにおいては、通過菌だけでなく、皮脂腺や汗腺などに住み着いている常在菌まで可能な限り減少させることを目的としています。そのため、衛生的手洗いに比べ、厳重な消毒が必要となります。ゲル状製剤と液状製剤の殺菌力の比較については、様々な報告がありますが、ゲル状製剤は、液状製剤と比較して、毛根や手掌のしわなど皮膚微細部への浸透性が劣るとの考えもあり10)、厳重な手指消毒効果を必要とする手術時手洗いにおいては、液状製剤を使用することが最適であると考えられます。
ヨーロッパのガイドラインでは、手術時手洗いに適した十分なデータがない場合、ゲル状製剤は、手術時手洗いに用いるべきではないとされています37)
手術時手洗いに使用するアルコール擦式製剤は、どのようなものが良いですか?
アルコールのみの製剤でもいいのでしょうか?
手術時手洗いに使用するアルコール擦式製剤は、持続殺菌効果のある製剤が推奨されています5,33)。アルコール擦式製剤に配合されている持続性成分には、ベンザルコニウム塩化物やクロルヘキシジングルコン酸塩、ポビドンヨードがあります。ポビドンヨードは、3製剤の中で最も広い抗菌スペクトルを示しますが、クロルヘキシジングルコン酸塩は皮膚と強い親和性があるため、持続性に優れており27,28)、臨床での消毒効果および持続性は、クロルヘキシジングルコン酸塩の方が優れた効果が報告されています29,30)。また、クロルヘキシジングルコン酸塩・エタノールは、ポビドンヨード・エタノールやベンザルコニウム塩化物・エタノールより、皮膚に対する刺激についても少ないことが報告されており31)、アルコール擦式製剤の持続性成分としては、クロルヘキシジングルコン酸塩が最も適していると言えます。
また、持続性の期待できないアルコールのみの製剤を使用する場合は、アルコール擦式製剤使用の前にクロルヘキシジングルコン酸塩やポビドンヨードなど持続性のある抗菌性スクラブ製剤で消毒した後に使用する事で厳重な消毒が行えます。

参考文献

  1. 矢野邦夫.手洗いと消毒薬-速乾性消毒薬の意義.感染と抗菌薬 2003;6(4):427-29.
  2. Larson EL,Norton Hughes CA,Pyrek JD,Sparks SM,Cagatay EU,Bartkus JM.Changes in bacterial flora associated with skin damage on hands of health care personnel. Am J Infect Control 1998; 26(5):513-21.
  3. 大久保憲. 手術時の手洗い. INFECTION CONTROL 2000;9(4):360-62.
  4. 西村チエ子.手荒れの発生と院内感染のリスク.新薬と臨床 1998;47(5):749-56.
  5. Boyce JM,Pittet D.Guideline for Hand Hygiene in Health-Care Settings.MMWR 2002 ;51 (RR-16):1-45.
  6. 本田順一,小川節子,野田順子,大城暁子,中野峰子,安達康子,他.速乾性手指消毒薬消費量とMRSA検出数,環境感染 2005;20(4):231-36.
  7. Pittet D,Hugonnet S,Harbarth S,Mourouga P,Sauvan V,Touveneau S,et al.Effectiveness of a hospital-wide programme to improve compliance with hand hygiene.Lancet 2000;356:1307-12.
  8. Kramer A,Rudolph P,Kampf G,Pittet D.Limited efficacy of alcohol-based hand gels.Lancet 2002;359:1489-90.
  9. Dharan S,Hugonnet S,Sax H,Pittet D.Comparison of Waterless Hand Antisepsis Agents at Short Application Times:Raising the Flag of Concern.Infect Control Hosp Epidemiol 2003;24(3):160-64.
  10. 茅野崇,鈴木理恵,新谷良澄,吉田敦,奥住捷子,森屋恭爾,他.アルコールゲル擦式手指消毒薬の殺菌効果の検討.環境感染 2005;20(2):81-84.
  11. 宮松洋信,菅野芳雄,関根祐介,小林仁,長谷川知子,小谷野実香,他.エタノール含有ゲル型擦式手指消毒剤の臨床現場における手指消毒効果の検討.医療薬学 2007;33(1):30-35.
  12. Mody L,McNeil SA,Sun R,Bradley SF,Kauffman CA.Introduction of a Waterless Alcohol-Based Hand Rub in a Long-Term-Care Facility.Infect Control Hosp Epidemiol 2003;24(3):165-71.
  13. 辻明良,押方紀子,山村洋二.ウサギを用いた速乾性手指消毒剤の皮膚刺激性に関する検討.医学と薬学 2003;49(5):725-32.
  14. 小林寬伊,都築正和.ディスポーザブルブラシを用いた手術時手洗い方法.日本手術部医学会誌1989;10(3):446-48.
  15. 小林寬伊,大久保憲,樋口道雄,大川共一.短時間サージカルスクラッブの検討.日本手術部医学会誌1992;13(3):458-63.
  16. 粕田晴之,福田博一,林和,相賀美幸,島崎則子,越智芳江.グルコン酸クロルヘキシジンに擦式エタノール消毒薬を併用した手術時短時間手洗い法の有用性.環境感染 1999;14(2):132-35.
  17. 古川清憲,小川龍,野呂瀬嘉彦,田尻孝.新しい手術時手指消毒法-ブラッシングから手揉み洗いへ.J Nippon Med Sch 2004;71(3):190-97.
  18. 西村チエ子,飯島みち子,金丸敬.2薬剤併用(ヒビスクラブ®とウエルパス®)によるブラシを使用しない手指消毒法の検討.外科診療 1985;27(10):1387-90.
  19. 國見和美,新井直美.もみ洗い法の手術時手洗いにおける優位性についての検討-もみ洗い導入にむけて-.日本手術医学会誌 2003;24(2):167-70.
  20. Rotter ML.Arguments for alcoholic hand disinfection.J Hosp Infect 2001;48(Supplement.A):S4-S8.
  21. Parienti JJ,Thibon P,Heller R,Roux YL,Theobald Pv,Bensadoun H,et al.Hand-Rubbing With an Aqueous Alcoholic Solution vs Traditional Surgical Hand-Scrubbing and 30-Day Surgical Site Infection Rates -A Randomized Equivalence Study.JAMA 2002;288(6):722-27.
  22. 深田民人.手術時手洗い法に対するラビング法とスクラビング法による手術部位感染発生率の比較.日本外科感染症学会雑誌 2006;3(4):515-19.
  23. Oie S,Oomaki M,Yorioka K,Tatsumi T,Amasaki M,Fukuda T,et al. Microbial contamination of ‘sterile water’used in Japanese hospitals.J Hosp Infect 1998;38:61-65.
  24. 藤井昭,西村チエ子,粕田晴之,松田和久,山崎きよ子.手術時手洗いにおける滅菌水と水道水の効果の比較.日本手術医学会誌 2002;23(1):2-9.
  25. 厚生労働省医政局指導課長.医療施設における院内感染の防止について.平成17年2月1日 医政指発第0201004号.
  26. Food and Drug Administration.Tentative final monograph for healthcare antiseptic drug products;proposed rule.Federal Register 1994;59(116):31441-52.
  27. Larson E.APIC Guidelines for Infection Control Practice Guideline for use of topical antimicrobial agents.Am J Infect Control 1988;16(6):253-66.
  28. Larson EL .APIC Guidelines for Hand Washing and Hand Antisepsis in Health-Care Settings.Am J Infect Control 1995;23(4):251-69.
  29. 辻明良,森下浩美,高森スミ,山﨑智子,菊地博達,岡田美砂,他.手術前手洗いにおけるスポンジスクラブ法の有用性.環境感染 1994;9(3):1-5.
  30. 大本陽子,高田純子,斉藤朋子,小竹幸紀,町田恵子.効果的な術前手指消毒法の確立-薬剤擦り込み式手指消毒法とブラッシング法の比較実験-.第11回日本手術看護学会発表抄録集 1997;185-89.
  31. Trick WE,Weinstein RA.Hand hygiene for intensive care unit personnel:Rub it in.Crit Care Med 2001;29(5):1083-84.
  32. 東禹彦.ヒビスコール®液Aのパッチテストによる皮膚安全性および光毒性の検討.皮膚 1994;36(3):343-48.
  33. 粕田晴之,池野重雄,福田博一,中井川泰,鈴木英雄,蛭田昌宏,他.手術時手洗いにおけるエタノール製剤の速効性と持続性-エタノールとグルコン酸クロルヘキシジン添加エタノールの比較-.日本手術医学会誌 2000;21(4):462-64.
  34. Larson EL,Eke PI,Wilder MP,Laughon BE.Quantity of Soap as a Variable in Handwashing.INFECTION CONTROL 1987;8(9):371-75.
  35. 辻明良,池野瑠美,相浦志津香,関口奈津子,二関景子.アルコール製剤の手指消毒除菌効果の検討.環境感染 2004;19(1):241.
  36. Hoffman P,Cookson B,Teare L.Alcohol-based hand gels and hand hygiene in hospitals.Lanset 2002;360(9):1509-11.
  37. Labadie J-C,Kampf G,Lejeune B,Exner M,Cottron O,Girard R,et al.Recommendations for surgical hand disinfection-requirements, implementation and need for research.A proposal by representatives of the SFHH, DGHM and DGKH for a European discussion.J Hosp Infect 2002;51:312-15