各種微生物に対する消毒薬の選び方

各種微生物に対する消毒薬の選び方 項目一覧

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、HIV

(1)感染経路

血液などの体液への接触で感染する。針刺しや切創などの経皮的曝露や、粘膜や損傷皮膚(創傷部位、にきび、湿疹など)への付着などで感染が成立する1-4)

(2)有効な消毒法

環境

B型肝炎ウイルスやHIVのキャリア(保菌)患者の環境消毒は、通常不要である。ただし、血液などで汚染された箇所の消毒は必要である5-7)。いわゆるスポット消毒で対応する(図1)。すなわち、血液などの体液汚染箇所を、消毒用エタノールや0.1%(1,000ppm)次亜塩素酸ナトリウムをしみ込ませたガーゼなどで拭き取る8,9)。2度拭きが望ましい。

なお、次亜塩素酸ナトリウム清拭では、材質劣化防止のため、適用5分間以上経過後に水拭きやアルコール拭きが必要になる場合がある。

器材やリネン

耐熱性の器材やリネンの消毒には、熱水(80℃・10分間など)がもっとも適している。ウォッシャーディスインフェクタや熱水洗濯機などを用いた熱消毒を行う(図2)。また、これらの熱消毒装置がない場合には、中水準または高水準の消毒薬を選択する。

図1.スポット消毒

図1.スポット消毒

血液などの体液汚染箇所には、アルコールや0.5~1%(5,000~10,000ppm)
次亜塩素酸ナトリウムによる2度拭きを行う。

図2. ウォッシャーディスインフェクタ

図2. ウォッシャーディスインフェクタ

ウイルス汚染の器材の第1選択消毒法である。

引用文献

  1. Garner JS: Guideline for isolation precautions in hospitals. Infect. Control Hosp. Epidemiol. 17, 53-80, 1996.
  2. Petrosillo N, Puro V, Jagger J, et al: The risk of occupational exposure and infection by human immunodeficiency virus, hepatitis B virus, and hepatitis C virus in the dialysis setting. Am. J. Infect. Control. 23, 278-285, 1995.
  3. Centers for Disease Control and Prevention: Human immunodeficiency virus transmission in household setting - United States. MMWR 43(19), 347-356 ,1994.
  4. Beltrami EM, Kozak A, Williams IT: Transmission of HIV and hepatitis C virus from a nursing home patient to a health care worker. Am. J. Infect. Control. 31, 168-175, 2003.
  5. Payan C., Cottin J., Lemarie C., et al: Inactivation of hepatitis B virus in plasma by hospital in-use chemical disinfectants assessed by a modified HepH2 cell culture. J. Hosp. Infect. 47, 282-287, 2001.
  6. Engelenburg FAC., Terpstra FG., Schuitemaker H et al: The virucidal spectrum of a high concentration alcohol mixture. .J. Hosp. Infect.. 51, 121-125, 2002.
  7. Kobayashi H., Tsuzuki M., Koshimizu K. et al: Susceptibility of hepatitis B virus to disinfectants or heat. J. Clin. Microbiol. 20, 214-216, 1984.
  8. Bloomfield SF, Smith-Burchnell CA, Dalgleish AG: Evaluation of hypochlorite-releasing disinfectants against the human immunodeficiency virus (HIV). J. Hosp. Infect. 15, 273-278, 1990.
  9. Tsquaya KN, Bamard J: Chemical disinfection of duck hepatitis B virus: a model for inactivation of infcetivity of hepatitis B virus. J. Antimicrob. Chemother. 32, 313-323, 1993.