2021.09.24 乾燥肌

【医師監修】乾燥肌におすすめのスキンケアは?基礎化粧品の役割や使い方を紹介

乾燥肌
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

乾燥肌は、多くの女性を悩ます肌トラブルの1つです。常日頃から肌の乾燥に悩む方もいれば、季節や体調の変化によって肌が乾燥する方もいるでしょう。

乾燥肌は適切なケアを行えば、改善できる可能性があります。うるおいのあるしっとりとした肌を手に入れたい方は、日々のケア方法を見直してみてください。

今回は、乾燥肌におすすめのスキンケア方法や、スキンケア商品の選び方や使い方を紹介します。乾燥してパサついた肌の改善を目指したい方は、ぜひ参考にしてください。

乾燥肌は保湿が大切!肌質に合ったスキンケアの方法とは?

乾燥肌は、肌のバリア機能が崩れ、肌内部の水分が十分に保たれていない状態です。

乾燥は、ニキビや肌荒れなどのあらゆる肌トラブルを引き起こす要因となります。紫外線など外部からの刺激にも敏感になるため、普段は問題なく使えている化粧品でも刺激を感じるケースがあります。

乾燥肌を改善するには、まずはしっかりと保湿することが大切です。スキンケアアイテムは保湿成分に注力した商品を選び、意識的にうるおいを与えましょう。

十分にうるおった肌は、ハリや弾力のある若々しい印象を与えてくれるので、エイジングケアに力を入れたい方にも保湿ケアがおすすめです。

乾燥肌の方におすすめのスキンケア商品の選び方

乾燥肌の方がスキンケア商品を選ぶ際に注目したいポイントを、3つ紹介します。以下の要点をしっかりチェックし、スキンケアアイテムを見直しましょう。

配合成分に注目してスキンケア商品を選ぶ

乾燥肌の方は保湿ケアが重要なため、スキンケアに含まれている美容成分にも注目してアイテムを選んでみてください。

美容成分の中でもヒアルロン酸やセラミド、グリセリンは保湿力が高く、乾燥肌の改善効果に期待ができます。また、アミノ酸やコラーゲンも肌のうるおいをキープする役割があるため、注目してみましょう。

肌の調子に合わせてスキンケアを見直すことも大切です。肌が乾燥しやすい季節はより保湿成分が多く含まれたスキンケアアイテムを使うなど、工夫してみてください。

化粧水や美容液、乳液などに配合されている美容成分をチェックしながらスキンケア商品を購入しましょう。

刺激が抑えられるスキンケア商品を選ぶ

乾燥肌になるとバリア機能が低下するため、外部からの刺激に弱くなります。乾燥した肌はデリケートな状態なため、スキンケア商品も低刺激性のアイテムを選ぶと良いでしょう。

香料や防腐剤、アルコールや合成界面活性剤、鉱物油などはデリケートな肌には刺激となる場合があります。肌を労わりながらケアしたい方は、添加物にも注目してスキンケア商品を選びましょう。

ただし、添加物が必ずしも肌に悪影響を与えるとは限りません。あくまでも刺激を抑えるといった理解で、スキンケアに含まれている添加物のチェックをしてください。

使用感は自分好みのものを選ぶ

保湿に注力したしっとり系のスキンケア商品や、高保湿性を謳った高価なスキンケア商品が必ずしも乾燥肌の方に合うとは限りません。

肌に合わないスキンケア商品を使い続けても、満足する効果を得られない可能性もあるので注意しましょう。

また、高価なスキンケア商品は「勿体ないから」といった理由で少量しか使わない方も多いのではないでしょうか。適量以下の使用ではスキンケア商品の効果が発揮できない場合もあるので、無理なく使い続けられるアイテムを選ぶことをおすすめします。

そして大切なのは「自分に合った使用感」です。サンプルやトライアルセットなどを上手に活用しながら、ご自身にとって使いやすいスキンケア商品を探してみてください。

乾燥肌におすすめしたい化粧水の選び方・使い方

化粧水は主に肌へ水分を与えるスキンケアアイテムです。水分をベースとしたスキンケアのため、みずみずしいテクスチャーを体感できるでしょう。

化粧水はお風呂上がりや洗顔後の3分以内に塗布するのが理想的です。乾燥肌の方は、保湿成分の含まれた化粧水を選ぶことをおすすめします。

化粧水によく含まれているヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドや尿素は肌の保湿効果に期待ができます。化粧水は各商品の推奨する適量と使用方法をきちんと確認してから使用しましょう。

乾燥肌におすすめしたい乳液やクリームの選び方・使い方

乾燥肌の方は、化粧水の後に乳液やクリームを重ね塗りすると、肌内部の水分の蒸発を防ぐ効果に期待ができるでしょう。乳液やクリームの役割や使い方について詳しく解説します。

乳液やクリームの選び方

乳液やクリームは化粧水で与えた水分を、油分を活用して肌にフタをする役割があります。肌内部の水分の蒸発を防ぐ効果に期待ができるため、普段乳液やクリームを使用していない方もこの機会にスキンケアに取り入れてみましょう。

乳液やクリームは刺激が少なく、高保湿性の商品が望ましいです。乳液やクリームのほかにも、スキンケアの仕上げとしてベビーワセリンを活用するのもおすすめです。

乳液やクリームの使い方

入浴後や洗顔後の清潔な肌に、まずは化粧水で肌に水分を与えましょう。化粧水で肌を整えた後に乳液やクリームで保湿を行い、肌の表面にフタをします。

乳液とクリームはどちらか一方の使用で構いません。肌の調子を様子見ながら、乳液とクリームを使い分けるのも良いでしょう。

乳液やクリームの代わりにベビーワセリンを使うのもおすすめです。ベビーワセリンは赤ちゃんでも使える刺激の少ないアイテムのため、敏感肌の方でも使いやすいでしょう。

ベビーワセリンは全身に使用できるため、乾燥が気になる季節はぜひ活用してください。

乾燥肌におすすめしたいクレンジングの選び方・使い方

乾燥肌の方は、クレンジングの選び方も大切です。商品の選び方や適切なクレンジング方法について見ていきましょう。

クレンジング商品の選び方

乾燥肌の方は、肌のうるおいをキープするためにも保湿成分が含まれたクレンジングを選びましょう。

クレンジングはさまざまなタイプがありますが、乾燥肌の方にはクレンジングクリームやクレンジングジェル、クレンジングミルクがおすすめです。

クレンジングジェルの場合、水性タイプと油性タイプがありますが、乾燥肌の方には水性タイプが向いているでしょう。

クレンジングは基本的に汚れやメイクを落とす目的で使われるため、洗浄力が強く肌へ刺激を与える可能性があります。乾燥肌の方はバリア機能が低下してダメージを受けやすい状態のため、刺激の少ないクレンジングを選ぶことが大切です。

クレンジングタイプの特徴や配合成分をチェックしてから、ご自身に合った商品を見つけてください。

クレンジング商品の使い方

クレンジングは適量を手に取り、人肌に温めてから塗布するのがポイントです。メイクした部分に優しくクレンジングを馴染ませてオフしていきましょう。

メイクや汚れを落とそうと、肌をゴシゴシ擦ると皮膚を傷めてしまう可能性があるので注意が必要です。クレンジングする際は、優しく肌をマッサージするように使いましょう。

汚れやメイクが落ちにくい場合は、部分ごとにタイプの違うクレンジングを使うなどしながら、摩擦による刺激を軽減してください。

またクレンジングの使用後は、シャワーを直接肌に当てずに、ぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。

乾燥肌の方は毎日のケアで肌にうるおいを与えよう

乾燥肌の方は、普段から肌にうるおいを与えることを意識しましょう。化粧水や乳液、クリームは保湿成分が含まれたアイテムを使ってケアしてください。

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料は肌に必要な皮脂まで洗い流し、乾燥肌を悪化させる可能性があります。肌を労わるためにも、刺激が少なくご自身の肌に合ったスキンケア商品を使用してください。

日頃から丁寧なスキンケアを心掛け、うるおいのある肌を手に入れましょう。

川﨑医師よりコメント
乾燥肌の方は、「メイクをしない日」を作り、肌を休ませてあげましょう。皮脂分泌を促し、肌に必要なバリア機能を取り戻すことや、また毎日の洗顔やメイクなどによる肌ストレスをなくしてあげることが大事です。

監修者
監修者_川﨑加織
皮フ科かわさきかおりクリニック院長。医学博士、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本抗加齢医学会専門医。
兵庫医科大学病院初期研修医、皮膚科入局からキャリアをスタートし、病院やクリニック勤務を経て、現クリニックを開院。 皮膚科専門医として、女性医師として、母として、患者さんの心と身体に寄り添うことを信条としている。

この記事で紹介された商品について

ベビーワセリン

ワセリン100%配合

無香料、無着色、防腐剤なし

皮膚、口唇の保湿に

ベビーワセリンについてくわしく見る

【医師監修】乾燥肌におすすめのスキンケアは?基礎化粧品の役割や使い方を紹介

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】乾燥肌におすすめのスキンケアは?基礎化粧品の役割や使い方を紹介

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ