消毒薬のQ&A

ケア関連の感染予防・対策

ノロウイルスにアルコールは有効か?

ノロウイルスに対して消毒用エタノールはやや有効と推定されます。
ノロウイルスにアルコールは無効との報道がなされています。ヒトのノロウイルスは培養できないので,ネコカリシウイルスを用いた一部の実験結果からです。しかし,無効なわけではなく,ネコカリシウイルスには30秒間以上の接触が必要とのデータです1)。また,病態がヒトのノロウイルスに類似したマウスのノロウイルスに対しては,アルコールがよく効くことも判明してきました2,3)。したがって,ヒトのノロウイルスに対してアルコールは無効との考えは正しいとはいえません。そもそも,アルコールが無効なウイルスは存在しません。 ただし,ウイルスの中ではノロウイルスやA型肝炎ウイルスなどはもともとアルコール抵抗性が強いです(図1)。したがって,ノロウイルスに対するアルコール消毒では,十分量の消毒用エタノール(消毒用エタノール液IPなど)を用いて30秒間以上接触させる必要があります。清拭では2度拭き(清拭して,15秒後ぐらいに再度清拭)を行ってください。
また,ノロウイルスに対してより効力を高めたアルコール製剤の使用も勧められます。手指用としては,pHを酸性側にした速乾性手指消毒薬(ラビショットⓇなど)を用います。環境用としては,消毒用エタノールに第4級アンモニウム塩化合物を添加した製剤(ザルクリーンⓇ)を用いてください。

図1.ウイルスのアルコール抵抗性の強さ

引用文献

  1. Center for Disase Control and Prebention : Updated norovirus outbreak management and disease prevention guidelines. MMWR 2011;60(No.3):1~14.
  2. Belliot G, Lavaux A, Souihel D, et al.:Use of murine norovirus as a surrogate to evaluate resistance of human norovirus to disinfectants. Appl Environment Microbiol 2008;74:3315~3318.
  3. 清水優子ほか. ヒトノロウイルスの代替としてマウスノロウイルスを用いた消毒薬による不活性化効果. 環境感染 2009;24:388-394.