消毒薬のQ&A

ケア関連の感染予防・対策

白衣や衣服への噴霧消毒は?

白衣や衣服へのアルコール噴霧では、噴霧する量にもよりますが、ある程度の消毒効果が期待できます。たとえば、約20cmの距離からの計3回の噴霧(約1mL/回)で、96%の殺MRSA効果が得られています1)。したがって、アルコール噴霧は白衣や衣服の簡易消毒法として利用できます。
なお、白衣や衣服のもっとも有効な消毒法は、熱水洗濯機での70~80℃・10分間の熱水洗濯です(図1)。ただし、70~80℃の洗濯では白衣や衣服が傷む場合が少なくないので、この場合には60~65℃などで洗濯します。

小型 中型

図1.熱水洗濯機の例

引用文献

  1. 足立タツ子, 山本千恵子, 尾家重治, 神谷晃: MRSA付着のガウン・シューズの除菌法. 環境感染 9: 12-15, 1994.