消毒薬のQ&A

ケア関連の感染予防・対策

ポビドンヨード使用後、数分間待たなければならない理由は?

ポビドンヨードは遅効性です。したがって、使用後に数分間待ちます。
表1に、MRSA(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に対するポビドンヨードおよび消毒用エタノールの効果を示しました。本表から、MRSAの殺滅にポビドンヨードでは2分間の接触が、消毒用エタノールでは15秒間の接触が必要になることが分かります。ポビドンヨードは消毒用エタノールに比べて、速効性に欠けるのです1,2)
したがって、ポビドンヨードによる消毒では、十分な殺菌効果を得るため、塗布後にしばらくそのままにしておく必要があります。塗布後に2分間以上など自然乾燥するまで待てば、ポビドンヨードの十分な殺菌効果が期待できるのです。
早く乾かしたいからといって、あおいだりガーゼで拭き取ったりすることは望ましくありません。

表1. MRSAに対する消毒薬の効果

消毒薬 菌株** 接触後の生菌数/mL
15秒 30秒 1分 2分 5分
ポビドンヨード A 5.7×103 4.0×102 5 0 0
B 1.4×105 1.0×104 1.3×102 0 0
消毒用
エタノール
A 0 0 0 0 0
B 0 0 0 0 0
  • サスペンジョン法で行った。初発菌量は菌株Aで1.3×106生菌数/mL,菌株Bで2.1×106生菌数/mLであった(2回くり返しの平均値)。
  • **臨床分離株

引用文献

  1. Haley CE, Marling-Cason M, Smith JW, et al. Bactericidal activity of antiseptics against methicillin-resistant Staphylococcus aureus. J Clin Microbiol 21: 991-992, 1985.
  2. Laufman H. Current use of skin and wound cleansers and antiseptics. Am J Surg 157: 359-365, 1989.