消毒剤の毒性、副作用、中毒

消毒剤の毒性、副作用、中毒 項目一覧

1.エタノール(Ethanol)

毒性

(単位:mg/kg)

    LD50 LC50 MLD LCL0
マウス 吸入   39g/m3/4時間    
      117g/m3/2時間
腹腔 528      
    4000  
静脈 1973      
経口 3450      
皮下 8285      
ラット 吸入   20000ppm/10時間    
腹腔 3.6      
静脈 1440      
動脈 11      
経口 7000      
    7000  
ウサギ 腹腔 963      
静脈 2374      
経口 6300      
皮下     20000  
皮膚     20000  
イヌ 腹腔     3000  
静脈     1600  
経口     5500  
皮下     6000  

慢性毒性

エタノールは体内で完全に燃焼して二酸化炭素と水になり、累積毒にはならないとされているが、一時に大量のエタノールで受けた身体組織の障害は、治癒することなくそのまま累積される場合があるので、高濃度で連続的にさらされる場合は注意を要する。

致死量

ヒト経口致死量(大人)
6~10mL/kg(100%液)
幼小児経口致死量
3.6mL/kg(100%液)
  • 100%エタノールとして下記の量を30分以内に服用すると危険
  • 大人 250mL、幼小児 6~30mL

副作用

接触皮膚炎

70%エタノール(添加物なし)30分クローズドパッチテストの結果
陽性率:55.4% (陽性者175人、陰性者141人)

疾患 陽性率
蕁麻疹 41.7%
接触皮膚炎 62.2%
脂漏性皮膚炎 69.2%
尋常性座瘡 63.2%
その他 47.2%

[東 順子:皮膚 28(1):11-16,1986.より引用]

  1. 36歳、女性。消毒用エタノール消毒部位に約30分後より発赤腫脹を認めた。オープンテストを実施したところ陽性を示し、症状は2日間持続。未定型接触蕁麻疹と診断した。
  2. 63歳、男性。採血後に酒精綿にて圧迫止血し、翌日酒精綿を除去したところ、同部に発赤と掻痒感が出現し徐々に丘疹性局面となった。
  3. 57歳、女性。手術施行後、エタノールによる即時型及び遅延型アレルギー反応を示した接触皮膚炎(掻痒,滲出性紅斑)を経験した。
  4. 23歳、女性。数年前から飲酒及びアルコールによる皮膚消毒の後、全身又は局所に発赤、腫脹が見られた。反応は直後ではなく、数時間経って現れ、2日後には消えた。検査より、エタノールのみに反応し、即時型を伴わない遅発型皮膚反応であると判明した。
  5. 38歳、女性。採血時70%エタノール消毒部に一致して20~30分後より掻痒性紅斑出現。

角膜障害

  1. 強い流涙、眼痛、視力低下、結膜の浮腫、充血、角膜のびらんなどが見られた。
  2. 57歳、女性。伏臥位の手術時にクロルヘキシジンエタノールで後頸部を消毒。手術中にクロルヘキシジンエタノールが眼球に流れ込んだと考えれられ、眼球の白濁を認めた。アルコールによる角膜損傷と診断。
  3. 硝子体注射外来の術前洗眼において、誤って70%エタノールで洗眼した4例について、広範囲の角膜上皮剥離と、強い眼瞼・眼球結膜のびらんを生じた。

中毒症状

経口の場合

  • 全身の熱感、顔面潮紅、発汗、口渇
  • 体温低下、味覚・嗅覚機能の低下、痛覚閾値の上昇
  • 身体失調、歩行困難、急性アルコール性ミオパチー
  • 記憶障害、感情不安定、多幸感、酩酊、昏睡
  • 悪心、嘔吐、急性胃炎、マロリーワイス症候群
  • 呼吸促進、呼吸抑制、チアノーゼ
  • 心悸亢進、血圧低下
  • 代謝性アシドーシス、低血糖
  • 脱水、利尿、失禁
  • 肝機能障害、脳浮腫

※催眠剤との同時服用や頭部外傷の合併にも注意する

エタノールの血中濃度と症状

血中濃度 症状
0.1 % 反応時間の遅延
0.25~0.3% 瞳孔散大、言語不明瞭、不協同性歩行
0.4~0.5% 昏迷又は昏睡、低体温、低血糖
0.5~0.6% 1~4時間で死亡(呼吸抑制)

[西 玲子 他,西 勝英 監修:薬・毒物中毒救急マニュアル 改訂7版,医薬ジャーナル社,2003.より一部改変]

処置法

経口の場合

  1. 胃洗浄(2時間以内であれば行う。但し、催眠剤も服用している場合はそれ以降でも有効)
    1%炭酸水素ナトリウム液、又は、クエン酸ナトリウム液
  2. 輸液投与(大量に行う)
    5%ブドウ糖、又は、乳酸加リンゲル液
    輸液1000~2000mL投与に反応しない時、ドパミン、ドブタミン投与
  3. ビタミン剤投与
    ビタミンB1(50~100mg)、B6(20~30mg)の投与
  4. 呼吸管理(気道確保、気管内挿管、酸素吸入、人工呼吸など)
  5. 循環管理(静脈路の確保)
  6. 安静、体温維持のため保温
  7. 対症療法
    アシドーシスの補正......
    炭酸水素ナトリウム注(メイロン®)、乳酸ナトリウム注
    誤嚥による感染防止......
    抗生物質(セフェム剤のうちCMD、CMZ、CPZ、CMX、CTT、CPM、LMOX のように側鎖にチオメチルテトラゾール基を持つものは、アンタビューズ様作用があるため、使用してはならない)
    不安・興奮時.................
    ジアゼパム注(セルシン®)、ヒドロキシジンパモ酸塩注(アタラックスP®)など
    血圧低下........................
    ドパミン注(イノバン®、カタボン®)、ノルアドレナリン注(ノルアドリナリン®
    脳浮腫............................
    高張ブドウ糖、マンニトール注
    昏睡時............................
    ナロキソン注
  8. 重症の場合(血中アルコール濃度が500mg/dL以上の時)
    ・高張ブドウ糖とインスリンの併用
    ・血液透析(HD)を行う