消毒剤の毒性、副作用、中毒

消毒剤の毒性、副作用、中毒 項目一覧

3.グルタラール(Glutaral,Glutaraldehyde)

毒性

(単位:mg/kg)

    LD50 LC50
マウス 腹腔 13.9  
静脈 15.4  
経口 100  
皮下 >590  
皮膚 >5840  
ラット 吸入   480mg/m3/4時間
腹腔 17.9  
静脈 9.8  
経口 134  
皮下 >750  
皮膚 >2500  
ウサギ 皮膚 560µL/kg  

亜急性毒性

グルタラールの皮下投与による亜急性毒性試験(35日間)をラットを用いて検討した。
25,125mg/kg投与群に投与部位の著明な炎症と壊死が見られ、その程度に相関して、血液像ならびに脾、胸腺、前立腺、腎に組織学的な反応が認められた。なお、1mg/kg投与群では、投与部位に細胞の浸潤ならびに軽度な浮腫が認められたが、その他の所見はなかった。

眼粘膜・皮膚刺激性

ウサギの眼及び皮膚に、1回適用して、その一次刺激性を検討した。

  1. 25%グルタラールは眼組織に対し、角膜の白濁、虹彩及び結膜に異常を認めた。
  2. 0.2%及び2%グルタラールは眼組織に対し、それぞれ結膜に軽度の血管拡張及び2%グルタラールでは中等度の腫脹ならびに血管拡大を認めたが、角膜及び虹彩の障害は認められなかった。
  3. 25%グルタラールは皮膚に対し、全例に軽度の紅斑、少数例に軽度の痂皮形成を生じたが、浮腫はなく、局所刺激性は弱いと考えられた。
  4. 7%以下のグルタラールは皮膚に対し、紅斑、浮腫などの障害を与えず、刺激性は認められなかった。

吸入毒性

ラット:最大耐量(25%グルタラールの濃厚蒸気による)8時間

副作用

本液の付着及びその蒸気の吸入により副作用が生じる。
皮膚炎や皮膚の白色化・硬化などが生じ、またその蒸気は眼や呼吸器系の粘膜を刺激する。

吸入例

看護師が内視鏡の消毒にグルタラールを用いたところ、喘息の発作及び鼻炎を生じた。

グルタラールの曝露による副作用
(調査人数=112名)

副作用 人数(%)
眼刺激
鼻刺激
流 涙
咽頭痛
咳嗽・喘息
鼻 炎
97(86.6)
92(82.1)
5( 4.5)
5( 4.5)
5( 4.5)
3( 2.7)
皮膚炎* 9( 8.0)
頭 痛
悪心・嘔吐
7( 6.3)
4( 3.6)

グルタラールの曝露による副作用
(床・壁への清拭使用の場合、調査人数=22名)

副作用 人数(%)
眼刺激
鼻刺激
流 涙
咽頭痛
咳嗽
22(100)
22(100)
4(18.1)
3(13.6)
2( 9.0)
皮膚炎* 1( 4.5)
頭 痛
悪心・嘔吐
2( 9.0)
3(13.6)

*グルタラール液の付着による副作用

[尾家 重治 他:日本手術部医学会誌 16(4):615-618,1995.より引用]

接触皮膚炎

  1. 医療従事者の両手指、手背にグルタラールによる接触皮膚炎(紅斑、丘疹)がみられた症例を3例経験した。
  2. 内視鏡の消毒にグルタラールを使用している52施設について調査した結果、16施設でその取り扱い者にトラブルが発生したとの報告がある。トラブルを生じた計36名の症状の内訳は、皮膚炎:32名、結膜炎:8名、鼻刺激症状:6名などであった。
  3. 49歳、女性。内視鏡洗浄を始めて1ヵ月経過した頃、医療従事者の両手指に瘙痒を伴う紅斑が出現し、前腕、下肢、顔面にも徐々に多数の紅斑や丘疹を認めた。アレルギー性接触皮膚炎と診断。

内視鏡に残存していたグルタラールによる影響

  1. 結腸内視鏡の消毒後の水洗が不十分であったため、1施設において6名の患者に直腸結腸炎が生じた。
  2. 消毒後のすすぎが不十分であったため、内視鏡に残存していたグルタラールによる腐蝕性咽喉頭炎3例を経験した。
  3. 麻酔用の気管内挿管チューブに用いた際、その洗浄が不十分であったため、7名に偽膜性喉頭気管支炎を生じた。

角膜障害

57歳、女性。眼への飛散で化学性結膜炎を起こし、約6時間後に症状の増悪がみられ、回復までに3日間を要した。

誤飲例

42歳、女性。自殺目的にて3%グルタラール約200mLを飲用。直後に2回嘔吐した後、約10時間後より腹痛が出現した。発熱を伴い、胃壁に浮腫状の肥厚と腹水を認めた。

中毒症状

経口の場合

  • 口腔・咽頭痛、心窩部痛、悪心、嘔吐、腹痛、胃・十二指腸出血、下痢、下血
  • めまい、歩行困難、あえぎ、無気力、筋攣縮
  • 痙攣、呼吸困難、肺出血、蒼白、脈拍微弱
  • 血圧低下、ショック、昏睡、肝・腎障害
  • 死亡

眼に付着した場合

  • 2w/v%液...自然放置の場合、角膜、結膜、紅彩に中度~重度の充血、腫脹、混濁
  • 20w/v%液...瞬時の水洗でも眼内への損傷の影響は極めて大きい

吸入の場合

  • グルタラールガス濃度0.006~0.023ppm 4~6時間曝露したところ、3日後に死亡した例がある。

処置法

経口の場合

  1. 水、牛乳を与えてから胃洗浄(腐蝕が進行している場合には穿孔する危険性がある)
  2. 下剤投与
    硫酸マグネシウム(30g → 水200mL)又は、マグコロール®P(50g → 水200mL)
  3. 粘膜保護剤投与
    マルファ®液、アルロイドG®、アルサルミン®など
  4. 輸液投与
    アシドーシスの補正も行う
  5. 対症療法
    輸血、副腎皮質ホルモン、抗生物質などの投与

吸入の場合

  1. 呼吸管理(換気、酸素吸入、人工呼吸など)
  2. 輸液投与
  3. 対症療法

眼に付着した場合

  1. 流水で15分間以上十分洗浄する
  2. 対症療法
    ヒアレイン®点眼液、フラビタン®眼軟膏、抗菌剤点眼液などの投与

皮膚に付着した場合

  1. 大量の水と石けんで洗浄
  2. ステロイド軟膏などの塗布