消毒剤の毒性、副作用、中毒

消毒剤の毒性、副作用、中毒 項目一覧

参考文献

  1. Registry of Toxic Effects of Chemical Substances(STN).
  2. 日本化学会 編:化学防災指針集成,丸善,1996.
  3. 森 博美 他:急性中毒情報ファイル-第4版-,廣川書店,2008.
  4. 西 玲子 他,西 勝英 監修:薬・毒物中毒救急マニュアル 改訂7版,医薬ジャーナル社,2003.
  5. 日本病院薬剤師会 編:院内における消毒剤の使用指針 改訂版,薬事日報社,1994.
  6. 三輪谷 俊夫 監修:消毒剤ハンドブック,日総研出版,1991.
  7. 高杉 益充 編:改訂版 消毒剤-基礎知識と適正使用-,医薬ジャーナル社,1990.
  8. 日本医薬情報センター 編:医療用-日本医薬品集,薬業時報社,1994.
  9. 急性中毒情報ファイルシート,中毒研究 4(2,3),1991.
  10. Martindale:The Extra Pharmacopoeia 29ed.,1989.
  11. Windholz,M.,et al.:The Merk Index 12ed.,1996.
  12. 新谷 洋三:殺菌消毒薬の急性中毒とその処置法,医薬ジャーナル 17(1):107-118,1981.
  13. 仲川 義人 他:見逃されやすい局所適用剤の副作用(13),薬局 40(11):2185-2190,1989.
  14. 尾家 重治 他:消毒剤の副作用,月刊薬事 32(11):2435-2442,1990.
  15. 救急医学 12(10),1988.
  16. 第十六改正日本薬局方解説書,廣川書店,2011.
  17. 財団法人 日本薬剤師研修センター 編:日本薬局方医薬品情報2011,じほう,2011.

1.エタノール

  1. 須貝 哲郎:各論 2.接触蕁麻疹症候群,医薬ジャーナル 36(6):5-10,2000.
  2. 東 順子:エタノール皮膚障害とエタノールによる20分間密封貼布試験,皮膚 28(1):11-16,1986.
  3. 岡澤 ひろみ 他:エチルアルコールによる接触皮膚炎の1例,日本皮膚科学会雑誌 108(2):161-162,1998.
  4. 田口 りか 他:エタノールによる即時型および遅延型アレルギー反応を示した接触皮膚炎,西日本皮膚科 59(5):671-674,1997.
  5. 堀 晴美 他:エタノールによる遅発型皮膚反応,皮膚 33(増刊11):271-275,1991.
  6. 渡辺 加代子 他:エタノールによる接触蕁麻疹,皮膚 22(3):390-393,1980.
  7. 戸塚 清一:エタノールによる角膜障害,眼科臨床医報 89(7):1025,1995.
  8. 櫻井 洋志 他:アルコールによる眼球損傷の1症例,麻酔 56(10):1245,2007.
  9. 片岡 卓也 他:70%エタノールを使用して洗眼した例とその治療について,眼科臨床紀要 3(1):78,2010.

2.イソプロパノール

  1. 堀口 俊一 他:イソプロピルアルコール吸入曝露の鼻・中耳粘膜に及ぼす影響-モルモットによる実験,生活衛生 29(4):203-205,1985.
  2. 大橋 淑宏 他:イソプロピルアルコールの中耳粘膜毒性に関する実験的研究,産業医学 28(7):538,1986.
  3. 大橋 淑宏 他:イソプロピルアルコールの気管粘膜障害に関する実験的研究,日本気管食道科学会会報 37(2):234,1986.
  4. 中世古 博幸 他:イソプロピルアルコール(IPA)の毒性(その1) ラットに対する一回吸入曝露実験,産業医学 33(3):198-199,1991.
  5. 中世古 博幸 他:イソプロピルアルコール(IPA)の毒性(その2) ラットに対する反復吸入曝露実験,産業医学 33(3):200-201,1991.
  6. Arditi,M.,et al.:Coma following use of rubbing alcohol for fever control,AJDC 141(3):237-238,1987.
  7. Wasilewski,C.:Allergic contact dermatitis from isopropyl alcohol,Arch.Derm. 98:502-504,1968.

3.グルタラール

  1. 上満 信男 他:Glutaraldehydeの急性・亜急性毒性および眼粘膜・皮膚刺激試験,応用薬理 12(1):11-32,1976.
  2. Smyth,H.F.,et al.:Range-finding toxicity date:List VI,Am.Ind.Hyg.Assoc.J. 23:95-107,1962.
  3.  3)Corrado,O.J.,et al.:Asthma and rhinitis after exposure to glutaraldehyde in endoscopy units ,Human Toxicol. 5:325-328,1986.
  4. 尾家 重治 他:2%グルタラールの暴露による医療従事者の副作用,日本手術部医学会誌 16(4):615-618,1995.
  5. 加藤 素生 他:グルタールアルデヒドによる接触皮膚炎の3例,日本皮膚科学会雑誌 112(7):1014,2002.
  6. Axon,A.T.R.,et al.:Disinfection in upper-digestive-tract endoscopy in Britain,Lancet 1:1093-1094,1981.
  7. 清水 秀樹 他:グルタルアルデヒドによる職業性アレルギー性接触皮膚炎,皮膚病診療 26(7):833-836,2004.
  8. Dolce,D.,et al.:Outbreak of glutalardehyde-induced protocolitis,Am.J.Infect.Control. 23(1):34-39,1995.
  9. 小林 仁和 他:殺菌消毒剤(STERIHYDE)による腐食性咽喉頭炎-島根医科大学耳鼻咽喉科学教室開講3周年記念論文-,耳鼻と臨床 28(6):1121-1125,1982.
  10. Belani,K.G.,et al.:An Epidemic of pseudomembranous laryngotracheitis,Anesthesiology 47:530-531,1977.
  11. Murray,W.J.,et al.:Toxic eye injury during induction of anesthesia,South.Med.J. 78(8):1012-1013,1985.
  12. 奥山 有里子 他:消毒用グルタールアルデヒド中毒の1例,中毒研究 14(2):180,2001.

4.ホルマリン

  1. Saillenfait,A.M.,et al.:The effect of maternally inhaled formaldehyde on embryonal foetal development in rats,Food Chem.Toxicol. 27:545-548,1989.
  2. 吉岡 敏治 他:ホルマリン中毒,救急医学 3(10):1223-1226,1979.
  3. 坂本 龍雄:ホルムアルデヒドとアレルギー疾患-気管支喘息との関連を中心に,アレルギーの臨床 18(13):981-985,1998.
  4. 大仁田 賢 他:医学部学生におけるホルマリン過敏に関する臨床的検討,アレルギー 44(3-2):409,1995.
  5. 徳永 尚登 他:医学生に発症したホルマリン喘息症例の検討,日本醫事新報 (№3455):29-31,1990.
  6. 仲川 義人 他:見逃されやすい局所適用剤の副作用(13),薬局 40(11):2185-2190,1989.
  7. 田中 美奈子 他:ホルムアルデヒドに対する即時型アレルギーの1例,日本皮膚科学会雑誌 112(5):630,2002.
  8. 鹿江 裕紀子 他:歯科用根管治療剤(ホルムアルデヒド製剤)によってアナフィラキシーをきたした1例,アレルギー 51(2/3):324,2002.
  9. 石川 博康 他:歯科用根管治療剤によるアナフィラキシスの1例,皮膚科の臨床 44(10):1136-1137,2002.
  10. 渡部 裕子:歯科用根管治療剤による蕁麻疹の1例,西日本皮膚科 64(6):788,2002.
  11. 片岡 葉子 他:5歳児にみられた歯根管治療のホルマリンによる1型アレルギーの1例,アレルギー 54(3/4):338,2005.
  12. 津田 毅彦 他:歯科治療で使用したホルムアルデヒドによるanaphylaxis,第35回日本皮膚アレルギー学会総会・第30回日本接触皮膚炎学会総会:158,2005.
  13. 石川 由華 他:歯科用根管治療薬中のホルムアルデヒドによるアナフィラキシーショック,第36回日本皮膚アレルギー学会総会・第31回日本接触皮膚炎学会総会:130,2006.
  14. 飯島 茂子 他:歯科での根管治療8時間後に血圧低下に至ったホルマリンによる即時型アレルギーの1例,皮膚科の臨床 53(1):91-95,2011.
  15. 渡部 学 他:根管貼薬剤による下歯槽神経麻痺が疑われた1症例,日本歯科麻酔学会雑誌 37(4):469,2009.
  16. 笹本 修吾:自殺を目的とせる急性フォルマリン中毒症の1例,臨床内科小児科 9(12):803-804,1954.
  17. 佐藤 龍男 他:フォルマリン中毒による強度の胃炎の一例,臨床消化器病学 3(8):488-489,1955.
  18. Roy,M.,et al.:Corrosive gastritis after formaldehyde ingestion,N.Engl.J.Med.266:1248-1250,1962.
  19. Bartone,N.F.,et al.:Corrosive gastritis due to ingestion of formaldehyde without esophageal impairment, JAMA 203:104-105,1968.
  20. Allen,R.E.,et al.: Corrosive injuries of the stomach,Arch.Surg. 100:409-413,1970.
  21. 小田切 裕 他:ホルマリン誤飲により高度瘢痕性胃萎縮をきたした1症例,内科 25(3):567-570,1970.
  22. 七海 暁男 他:X線・内視鏡にて1年2ヵ月間経過を観察したFormalinによる腐蝕性胃炎の1例, 胃と腸 9(5): 597-602,1974.
  23. 元山 誠 他:経過観察しえたフォルマリン誤飲患者2例の胃病変,Prog.Dig.Endosc. 8:157-160,1976.
  24. Eells,J.T.,et al.:Formaldehyde poisoning rapid metabolism to formic acid, JAMA 246(11):1237-1238,1981.
  25. 加藤 洋子 他:ホルマリン中毒の1例,臨床麻酔 9(9):1093-1096,1985.
  26. 黒川 顕:ホルマリン,救急医学 12(10):1379-1382,1988.
  27. 三輪 明 他:重症ホルマリン中毒の2症例,中毒研究 4(2):182,1991.
  28. 原田 宏 他:ホルマリン大量服毒-生存の1例-,中毒研究 4(3):261-264,1991.
  29. 畑中 公輔 他:ホルマリン大量服用の1治験例,中毒研究 17(4):423-424,2004.
  30. 斉藤 将喜 他:ホルマリン大量服用による腐食性食道炎・胃炎の1切除術,日本救急医学会雑誌 18(8):570,2007.
  31. 田中 公章 他:内視鏡を利用した胃洗浄が有用と思われたホルマリン服用の1例,中毒研究 21(4):433,2008.

5.次亜塩素酸ナトリウム

  1. Hasegawa,R.,et al.:Carcinogenicity study of sodium hypochlorite in F344 rats,Fd.Chem.Toxic. 24(12):1295-1302,1986.
  2. 門馬 純子 他:漂白剤に使用されている化学物質の急性経口毒性及び眼粘膜刺激について,食品衛生学雑誌 27(5):553-560,1986.
  3. Kurokawa,Y.,et al.:Long-term in vivo carcinogenicity tests of potassium bromate,sodium hypochlorite,and sodium chlorite conducted in Japan,Env.Health Perspect. 69:221-235,1986.
  4. 高橋 道人 他:F-344ラットにおける食品添加物・次亜塩素酸ナトリウムの癌原性について,日癌会41回総会記 76,1982.
  5. 古川 文夫 他:F-344ラットにおける次亜塩素酸ナトリウムの癌原性試験実施にあたっての予備試験(急性毒性・亜慢性毒性)の成果について,衛生試験所報告 (98):62-69,1980.
  6. 小住 佳子 他:次亜塩素酸ナトリウムのウサギ皮膚に対する局所組織為害性,歯科薬物療法 14(2):91-98,1995.
  7. Patty,F.A.:Industrial hygiene and toxicology 2nd Ed.,1962.
  8. 小林 勇:塩素系漂白剤で発生する塩素ガスによる毒性実験,合成洗剤研究会誌 11(2):15-18,1988.
  9. 朝日新聞 昭和63年1月10日,1988.
  10. 朝日新聞 昭和51年3月26日,1976.
  11. 和気 朗:生物化学兵器,中公新書,1971.
  12. 鵜飼 卓:消毒薬による中毒,実験治療 (647):18-21,1997.
  13. 小椋 正:薬剤(次亜塩素酸ナトリウム溶液)漏出を招いた症例,小児歯科学雑誌 27(1):153-160,1989.
  14. 宮内 重幸 他:舌甲状腺の1例,日本口腔外科学会雑誌 34(3):552-557,1988.
  15. 田中 孝也 他:次亜塩素酸ナトリウム中毒,月刊薬事 28(9):1909-1911,1986.
  16. 日本医科大学附属多摩永山病院薬剤科・救命救急センター:次亜塩素酸ナトリウム,中毒研究 4(2):急性中毒ファイルシート,1991.
  17. Hook,C.T.,et al.:Effect of chlorine bleach on the esophagus,Ann.Otol. 83:709-713,1974.
  18. Leibbrandt,C.C.,et al.:Esophageal burns by chlorine bleach,Arch.Otdaryngol. 87:449,1968.
  19. Pike,D.G.,et al.:A re-evaluation of the dangers of clorox ingestion,J.Pediat. 63(2):303-305,1963.
  20. Yarington,C.T.:Ingestion of caustic:A pediatric problem,J.Pediat. 67(4):674-677,1965.
  21. 平林 耕一 他:次亜塩素酸ナトリウムを含むトイレ洗浄剤飲用による急性呼吸促迫症候群の1例,日本救急医学会雑誌 17(7):256-261,2006.
  22. 一二三 享 他:次亜塩素酸ナトリウム摂取によるアルカリ食道炎の1例,中毒研究 23(4):293-296,2010.

6.ヨードチンキ

  1. Chabrolle,J.P.,et al.:Goitre and hypothyroidism in the newborn after cutaneous absorption of iodine, Arch.Dis.Child. 53:495-498,1978.
  2. 土井 聖 他:ヨードによる皮膚炎,皮膚病診療 5(12):1105-1108,1983.

7.ポビドンヨード

  1. 暮部 勝 他:ポビドンヨード原末のラットにおける妊娠前および妊娠初期皮下投与試験,基礎と臨床 22(14):4619-4631,1988.
  2. 暮部 勝 他:ポビドンヨード原末のラットにおける胎仔器官形成期皮下投与試験,基礎と臨床 22(14):4633-4651,1988.
  3. 暮部 勝 他:ポビドンヨード原末のウサギにおける胎仔器官形成期皮下投与試験,基礎と臨床 22(14):4653-4662,1988.
  4. 暮部 勝 他:ポビドンヨード原末のラットにおける周産期および授乳期皮下投与試験,基礎と臨床 22(14):4663-4680,1988.
  5. 山田 利恵 他:イソジン消毒療法にて血中総ヨード値が異常高値を示した成人アトピー性皮膚炎の1例,日本皮膚科学会雑誌,112(4):423-424,2002.
  6. 服部 重人 他:アトピー性皮膚炎児に対するヨード療法の甲状腺機能に与える影響,群馬県小児保健会会報 (56):21,1998.
  7. 舟田 俊平 他:母体ポビドン・ヨード咽頭スプレー剤多用による新生児一過性甲状腺機能低下症の1例,日本新生児学会雑誌 32(4):761,1996.
  8. 大塚 春美 他:妊婦のポビドンヨード膣内消毒が新生児の甲状腺機能に及ぼす影響について,日本新生児学会雑誌 30(4):765,1994.
  9. 北村 隆 他:イソジン産科用クリーム(OAD)の乳汁移行,Prog.Med. 7(5):1031-1034,1987.
  10. Jackson,H.J.,et al.:Effect of povidone-iodine neonatal thyroid function,Lancet (8253):992,1981.
  11. Vorherr,H.,et al.:Vaginal absorption of povidone-iodine,JAMA 244(23):2628-2629,1980.
  12. 石突 吉持:ヨード含有含嗽剤連用中に発症した甲状腺中毒症,日本医師会雑誌 97(7):1247-1250,1987.
  13. 原田 正平 他:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌保菌者対策時のヨード含有消毒剤の新生児甲状腺機能への影響,日本未熟児新生児学会雑誌 6(1):211-216,1994.
  14. Arcy,P.F.D.:ヨウ素と新生児-ポビドンヨード消毒の危険性-,Pharm.International 2(6):23-24,1984.
  15. Carswell,F.,et al.:Congenital goitre and hypothyroidism produced by material ingestion of iodines,Lancet  1:1241-1243,1970.
  16. 武田 直子 他:ポビドンヨード塗布によりアナフィラキシー様ショックを呈した一症例,日本病院薬学会年会講演要旨集 10:258,2000.
  17. 厚生労働省 医薬品情報提供ホームページ “副作用が疑われる症例報告に関する情報”
  18. 小野 朋子 他:ポビドンヨードによるものと思われる心静止の1症例,麻酔 60(4):499-501,2011.
  19. Zamora,J.L.:Chemical and microbiologic characteristics and toxicity of povidone-iodine solutions,Am.J.Surg. 151:400-406,1986.
  20. 饗場 正明 他:熱傷患者に対する長期大量のイソジンゲル塗布によりヨード中毒を呈したと思われた1例,日本臨床外科医学会雑誌 57(増刊):499,1996.
  21. Pietsch,J.,et al.:Complications of povidone-iodine absorption in topically treated burn patients,Lancet  1:280-282,1976.
  22. 片岡 葉子:各論.23 消毒剤による接触皮膚炎,医薬ジャーナル 38(3):5-12,2002.
  23. 小杉 朗代 他:ポビドンヨードにより遷延化したと思われる重症下腿潰瘍の1例,日本皮膚科学会雑誌 110(7):1153,2000.
  24. 寺師 浩人 他:10%ポビドンヨード液による化学熱傷の一例,日本形成外科学会会誌 20(7):436-438,2000.
  25. 冨板 美奈子 他:ポビドンヨード外用液により重症の接触性皮膚炎を来した1例,日本小児アレルギー学会誌 13(3):92,1999.
  26. 飯島 茂子 他:ポビドンヨードによる術後の接触皮膚炎の10例,日本皮膚科学会雑誌 109(9):1369,1999.
  27. 末次 博 他:消毒液ポビドンヨード(イソジン®)過敏症の1例,日本口腔外科学会雑誌 37(2):393-397,1991.
  28. 中野 園子 他:ポビドンヨードによる化学熱傷,麻酔 40(5):812-815,1991.
  29. 村尾 靖子 他:消毒剤による難治性潰瘍の1例,広島医学 43(2):222-226,1990.
  30. 角田 孝彦:イソジン液による接触皮膚炎,皮膚 32(増刊8):114-117,1990.
  31. 池田 政身:ヨウ素による紅皮症,皮膚 31(増刊6):31-34,1989.
  32. 木下 華子 他:10%ポビドンヨード液による化学熱傷,皮膚病診療 31(11):1313-1314,2009.
  33. 広木 公一 他:ポビドンヨード液の誤飲により急性呼吸不全を呈した一小児例,日本集中治療医学会雑誌 6(増刊):173,1999.
  34. 谷津 祐市 他:ポビドンヨードによる誤嚥性肺炎の一症例,日本臨床麻酔学会誌 17(8):294,1997.
  35. 王 康雅 他:ポビドンヨード(イソジン®)吸引による肺水腫の一例,日本小児呼吸器疾患学会雑誌 8(1):92,1997.
  36. 沼澤 理絵 他:ポビドンヨード液(イソジン®ガーグル)の誤嚥によって重篤な肺障害を来した1症例,麻酔 41(5):846-849,1992.
  37. Okano,M.:Irritant contact dermatitis caused by povidone-iodine,J.Am.Acad.Dermatol.20(5Pt1):860,1989.
  38. Ancona,A.,et al.: Allergic contact dermatitis from povidine-iodine,Contact Dermatitis 13:66-68,1985.
  39. Marks,J.G.: Allergic contact dermatitis to povidone-iodine,J.Am.Acad.Dermatol. 6(4):473-475,1982.

8.フェノール

  1. 綾部 忍 他:フェノールによる化学熱傷の1例,熱傷 27(4):226,2001.
  2. 上原 淳 他:まれな経過をたどったフェノール中毒による肺傷害の1救命例,中毒研究 14(4):395,2001.
  3. 大橋 教良 他:クレゾール(フェノール)中毒,月刊薬事 33(11):2358-2360,1991.
  4. 田畑 孝 他:経皮吸収による急性フェノール・クレゾール中毒の2症例,中毒研究 9(1):101-105,1996.
  5. Doan,H.M.,et al.:Phenol and neonatal jaundice,Pediatrics 64(3):324-325,1979.

9.クレゾール石ケン液

  1. 中江 晴彦 他:クレゾール経皮吸収による急性中毒の1例,沖縄県立那覇病院雑誌 8:31-33,1998.
  2. 福家 千昭 他:経皮吸収によるクレゾール中毒におけるクレゾール分析例,中毒研究 10(2):206,1997.
  3. 黒木 由美子 他:クレゾール石けん液・逆性石けん液の問い合わせ実態調査,中毒研究 10(4):409-414,1997.
  4. 田畑 孝 他:経皮吸収による急性フェノール・クレゾール中毒の2症例,中毒研究 9(1):101-105,1996.
  5. 池江 亮太 他:クレゾールの経皮吸収による急性腎不全の1例,日本腎臓学会誌 48(6):617,2006.
  6. Center for Disease Control:Neonatal hyperbilirubinemia,MMWR 24(35):293-294,1975.
  7. 佐々木 由香 他:静脈内投与によるクレゾール中毒の1例,中毒研究 19(4):458-459,2006.
  8. 乾 晃造 他:クレゾール誤飲の2例,中毒研究 15(3):318,2002.
  9. 西村 明儒 他:クレゾールを服用した2例,日本法医学雑誌 54(3):477-478,2000.
  10. 横山 隆:直接血液灌流を行ったクレゾール中毒の1例,Pharm.Medica. 18(9):79-81,2000.
  11. 中西 和雄 他:クレゾール石鹸液経口中毒の1例,ICUとCCU 23(8):613-618,1999.
  12. 日比 洋子 他:クレゾール石けん液服用後ラビット症候群を呈した1症例,中毒研究 12(2):215,1999.
  13. 橋本 友紀 他:著明な肝機能障害を来したクレゾール中毒の1例,麻酔 44(4):612,1995.
  14. 成松 英智 他:急性クレゾール中毒の1症例,救急医学 13(11):1735-1737,1989.
  15. 大橋 教良 他:クレゾール,フェノール,救急医学 12(10):1342-1346,1988.
  16. 熊野 宏昭 他:クレゾール中毒,月刊薬事 28(8):1697-1701,1986.
  17. 荻野 和功 他:皮膚および粘膜の化学熱傷をともなった急性クレゾール中毒の一症例,熱傷 7(3):370-375,1982.
  18. 中沢 和之 他:クレゾール誤飲,胃管挿入後に剝離性食道炎をきたした1例,消化器内視鏡 15(8):1151-1154,2003.
  19. 鈴木 聡 他:多臓器不全をきたしたクレゾール中毒の1例,日本集中治療医学会雑誌 11(増刊):223,2004.
  20. 山野目 辰味 他:血液浄化が有効であったと考えられる急性クレゾール中毒の1例,日本救急医学会雑誌 17(8):585,2006.
  21. 吉田 良太朗 他:重篤な肝不全を来したクレゾール中毒の1例,日本集中治療医学会雑誌 16(増刊):305,2009.

10.トリクロサン

  1. 川島 邦夫 他:トリクロサンのラット胎仔発生に及ぼす影響,衛生試験所報告 (105):28-32,1987.
  2. 斎藤 文雄:殺菌消毒剤(Irgasan DP300)による接触皮膚炎,皮膚病診療 4(7):625-628,1982.

11.イソプロピルメチルフェノール

  1. 早川 律子 他:イソプロピルメチルフェノールによる接触皮膚炎,治療 63(11):2167-2169,1981.
  2. 広瀬 統 他:化粧品成分パッチテストのまとめ,皮膚 32(増刊9):125-130,1990.

12.ベンザルコニウム塩化物

  1. 大林 明美 他:口腔粘膜刺激性試験法に関する研究,薬学雑誌 108(3):232-238,1988.
  2. 門馬 純子 他:塩化ベンザルコニウム投与の妊娠マウスに及ぼす影響,衛生試験所報告 (105):20-25,1987.
  3. 重枝 明子 他:塩化ベンザルコニウム液による化学熱傷の1例,日本皮膚科学会雑誌 110(7):1165,2000.
  4. 鈴木 正二 他:塩化ベンザルコニウムに起因したⅣ型アレルギーの1例,日本歯科麻酔学会雑誌 26(2):306-307,1998.
  5. Beasley,C.R.W.:Bronchoconstrictor properties of preservatives in ipratropium bromide (Atrovent) nebuliser solution,Br.Med.J. 294:1197-1198,1987.
  6. 東 禹彦 他: 塩化ベンザルコニウムによる接触皮膚炎の2例,臨床皮膚科 29(5):395-398,1975.
  7. 宇宿 一成:塩化ベンザルコニウムによる接触皮膚炎を生じた放射線皮膚潰瘍の1例,臨床皮膚科 61(9):680-682,2007.
  8. 木下 香里 他:接触蕁麻疹を伴った塩化ベンザルコニウムによる接触皮膚炎症候群,日本皮膚科学会雑誌 112(6):855,2002.
  9. 泉 祐子 他:下眼瞼の硬結を主徴とした点眼剤中の塩化ベンザルコニウムによる接触皮膚炎,皮膚病診療31(11):1271-1274,2009.
  10. 藤本 圭一:各論16.点眼剤による接触皮膚炎,医薬ジャーナル 37(8):2271-2278,2001.
  11. 邉田 哲郎 他:抗アレルギー点眼薬中の塩化ベンザルコニウムによる接触性皮膚炎の1例,日本皮膚科学会雑誌 109(1):63,1999.
  12. Shmunes,E.,et al.:Quaternary ammonium compound contact dermatitis from a deodorant,Arch.Derm. 105:91-93,1972.
  13. 須藤 治郎 他:塩化ベンザルコニウムにより皮膚筋炎様の顔面腫脹,紅斑を呈したアレルギー性皮膚炎の1例,内科 69(1):168-170,1992.
  14. 今泉 利雄 他:塩化ベンザルコニウムによる過敏反応が原因と思われた壊死性強膜炎,日本眼科紀要 41(2):292-296,1990.
  15. Fisher,A.A.:Allergic contact dermatitis and conjunctivitis from benzalkonium chloride,Cutis 39:381-383,1987.
  16. 山田 利津子 他:保存剤塩化ベンザルコニウムによるアレルギー性結膜炎,アレルギーの臨床 7(14):1029-1031, 1987.
  17. Hillerdal,G.:Adverse reaction to locally applied preservatives in nose drops,J.Otorhinolaryngol.Borderl. 47:278-279,1985.
  18. 野々村 京子 他:点眼薬による色素沈着性接触皮膚炎の1例,皮膚 26(4):817-820,1984.
  19. 19)Lovell,C.R.,et al.:Contact allergy to benzalkonium chloride in plaster of Paris,Contact Dermatitis 7:343-344,1981.
  20. Afzelius,H.,et al.:Allergic reactions to benzalkonium chloride,Contact Dermatitis 5:60,1979.
  21. Gasset,A.R.:Benzalkonium chloride toxicity to the human cornea,Am.J.Ophthalmol. 84(2):169-171,1977.
  22. 太田 純子:皮膚壊死,医薬ジャーナル 34(4):967-971,1998.
  23. 村山 功子 他:壊死性筋膜炎が疑われた化学熱傷の1例,臨床皮膚科 49(2):137-140,1995.
  24. 亀田 忠孝 他:塩化ベンザルコニウム(オスバン®)による化学熱傷の1例,日本皮膚科学会雑誌 105(10):1352,1995.
  25. 相馬 利香 他:オスバン®によるアルカリ眼外傷の2例,眼科臨床医報 97(8):672,2003.
  26. 恒吉 俊美:塩化ベンザルコニウム(オスバン®),救急医学 25(2):223-224,2001.
  27. 黒木 由美子 他:クレゾール石けん液・逆性石けん液の問い合わせ実態調査,中毒研究 10(4):409-414,1997.
  28. 小瀧 正年 他:オスバン®で高度の口腔咽頭浮腫,びらんをきたし窒息状態となった1例,中毒研究 9(4):427-429,1996.
  29. 阿久津 郁夫 他:塩化ベンザルコニウム中毒の1症例,日本内科学会雑誌 78(11):1613-1614,1989.
  30. 太田 和博 他:オスバン誤飲による咽喉頭炎、食道炎の1症例,日生病院医学雑誌 12(1):93-96,1984.
  31. 石沢 淳子 他:塩化ベンザルコニウム・塩化ベンゼトニウムによる中毒,日刊薬業 41(8):1701-1705,1999.
  32. 奥 格 他:塩化ベンザルコニウム誤飲の2症例,日本救急医学会雑誌 16(8):489,2005.
  33. 本田 博之 他:重篤な粘膜傷害をきたした塩化ベンザルコニウム中毒の2症例,中毒研究 19(3):325-326,2006.
  34. 鈴木 たえ 他:塩化ベンザルコニウム中毒の一症例,日本救急医学会雑誌 19(8):630,2008.
  35. 安田 文彦 他:塩化ベンザルコニウムを静脈注射した1例,中毒研究 20(4):405,2007.

13.ベンゼトニウム塩化物

  1. 阿部 典子 他:塩化ベンゼトニウムによる接触皮膚炎の1例,日本皮膚アレルギー学会雑誌 5(2):6-11,1997.
  2. 北村 龍二 他:高濃度塩化ベンゼトニウム液による口腔粘膜腐食の一例,小児口腔外科 5(1):76-79,1995.
  3. 中川 雅文 他:薬物による腐食性咽喉頭食道炎の2症例,耳鼻咽喉科臨床 83(1):95-99,1990.

14.アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩

  1. 笠谷 昇:アルキルジアミノエチルグリシン型両面活性剤について,防菌防黴 6(7):T312-T316,1978.
  2. 埼玉県済生会川口総合病院:Alkyldiaminoethylglycin hydrochloride(Tego-51®)のパッチテスト至適濃度の検討および黒皮症患者の推移,皮膚 31(7):44-51,1989.
  3. 浦上 芳達:ニッサン・アノン®による接触皮膚炎について,皮膚 30(増刊5):72-75,1988.
  4. 赤枝 民世 他:TEGO®-51による接触皮膚炎,皮膚 30(増刊5):76-82,1988.
  5. 浦上 芳達:両性界面活性剤(TEGO-51)による職業性皮膚炎について,皮膚 23(6):788-790,1981.
  6. 坪川 和範 他:脊椎麻酔後、化学性髄膜炎を生じた2症例,日本臨床麻酔学会誌 19(8):294,1999.
  7. 西村 チエ子 他:残留消毒剤による化学性髄膜炎,INFECTION CONTROL 11(1):61,2002.

15.クロルヘキシジングルコン酸塩

  1. 石神 光雄 他:マスキンによるアナフィラキシーショックの1例,日本皮膚科学会雑誌 110(3):309,2000.
  2. 大饗 和憲 他:グルコン酸クロルヘキシジンによりショックを生じた開放性膝蓋腱断裂の1例,中国・四国整形外科学会雑誌 6(16):435,2000.
  3. 五栄 綾子:グルコン酸クロルヘキシジンによるアナフィラキシーショックの1症例,麻酔 49(2):212,2000.
  4. 朝日 丈尚 他:グルコン酸クロルヘキシジンによるアナフィラキシーショックと考えられた1例,臨床麻酔 23(11):1733-1736,1999.
  5. 照屋 操 他:グルコン酸クロルヘキシジンによるアナフィラキシーショックの1例,西日本皮膚科 61(2):245,1999.
  6. 藤田 祥二 他:クロルヘキシジン(ヒビスクラブ®)によると考えられるアナフィラキシーショックに陥った2症例,麻酔 46(8):1118-1121,1997.
  7. 春國 いづみ 他:グルコン酸クロルヘキシジンによるアナフィラキシーショックから心室細動を来した症例,麻酔 41(3):455-459,1992.
  8. 戸梶 昭博 他:全身麻酔終了時のアナフィラキシーショック,臨床麻酔 15(9):1215-1216,1991.
  9. 木村 基信 他:グルコン酸クロルヘキシジンによるアナフィラキシーショックの1例,臨床麻酔 13(5):641-643,1989.
  10. 福井 明 他:グルコン酸クロルヘキシジンによるアナフィラキシーショックの1例,日本臨床麻酔学会誌 9(4):356-360,1989.
  11. 鈴木 健二 他:グルコン酸クロルヘキシジンによる皮膚消毒に起因するアナフィラキシー様反応の1症例,岩手医学雑誌 41(4):585-589,1989.
  12. 中島 絵里 他:グルコン酸クロルヘキシジンによる薬剤性ショックとおもわれる1症例,日本臨床麻酔学会誌 8(5):187,1988.
  13. 恒藤 暁 他:局所麻酔薬(キシロカイン®)の容器に混入したグルコン酸クロールヘキシジン(ヒビテン®)によると思われるアナフィラキシーショックの一例,日本臨床麻酔学会誌 7(3):272-277,1987.
  14. 小林 裕子 他:消毒薬によるアナフィラキシー,臨床麻酔 10(6):814-816,1986.
  15. 久保 弘樹 他:グルコン酸クロルヘキシジンによると思われるアナフィラキシー,日本歯科麻酔学会雑誌 13(4):659-663,1985.
  16. 大利 隆行 他:クロルヘキシジンによるアナフィラキシーショック例における特異的IgE抗体の検索,アレルギー 33(9):707,1984.
  17. Ohtoshi,T.,et al.:IgE antibody-mediated shock reaction caused by topical application of chlorhexidine,Clin.Allergy 16:155-161,1986.
  18. 笹岡 邦典 他:グルコン酸クロルヘキシジン(ヒビテン®)による口腔粘膜の消毒により全身過敏性反応を生じた一例,歯界展望 102(2):437-440,2003.
  19. 今沢 隆 他:グルコン酸クロルヘキシジン使用後にアナフィラキシーショックを起こした1症例,日本形成外科学会会誌 23(9):582-588,2003.
  20. 梅田 眞志 他:クロルヘキシジンによると思われるアナフィラキシーショックの一例,整形外科 55(2):202-205,2004.
  21. 梶野 友世 他:0.05%グルコン酸クロルヘキシジンによる創面消毒後にアナフィラキシーショックを起こした1症例,日本臨床麻酔学会誌 24(8):1-119,2004.
  22. 米山 啓 他:グルコン酸クロルヘキシジン含有うがい薬による蕁麻疹の1例,臨床皮膚科 56(2):106-108,2002.
  23. 米山 啓 他:グルコン酸クロルヘキシジン含有うがい薬による蕁麻疹の1例,日本皮膚科学会雑誌 111(8):1274,2001.
  24. 遠藤 幸紀 他:家族性良性慢性天疱瘡患者に生じたグルコン酸クロルヘキシジンによる接触皮膚炎,皮膚科の臨床 42(12):1895-1897,2000.
  25. 松浪 薫 他:消毒薬グルコン酸クロルヘキシジン(マスキン®)によると思われる皮膚発疹の経験,オペナーシング 12(5):488-490,1997.
  26. 岡田 佳子 他:整形外科手術施行後に生じた皮膚潰瘍の2例,皮膚 35(増刊16):221-226,1993.
  27. 久米 昭廣 他:ヒビテン®(グルコン酸クロルヘキシジン)による接触皮膚炎の2例,皮膚 33(増刊11):276-280,1991.
  28. 鈴木 久美子 他:消毒薬による接触皮膚炎,皮膚病診療 12(12):1107-1110,1990.
  29. 神崎 保 他:ヒビテン®による接触皮膚炎,皮膚 30(増刊5):68-71,1988.
  30. 杉山 朝美 他:グルコン酸クロルヘキシジンによる接触蕁麻疹の1例,臨床皮膚科 41(13):1031-1037,1987.
  31. Yaacob,H.,et al.:An unusual hypersensitivity reaction to chlorhexidine,J.Oral.Med. 41(3):145-146,1986.
  32. Andersen,B.L.,et al.:Contact dermatitis from chlorhexidine,Contact Dermatitis 13:307-309,1985.
  33. Osmundsen,P.E.:Contact dermatitis to chlorhexidine,Contact Dermatitis 8:81-83,1982.
  34. 柳沢 秀一郎 他:グルコン酸クロルヘキシジン20%による角結膜損傷の1例,眼科臨床医報 96(7):790,2002.
  35. 中村 葉 他:消毒液による医原性化学腐蝕の4例,臨床眼科 52(5):786-788,1998.
  36. 石黒 裕之 他:ヒビテン・グルコネートによる角膜障害,眼科臨床医報 77(10):1683-1684,1983.
  37. Hamed,L.M.,et al.:Hibiclens keratitis,Am.J.Ophthalmol.104:50-56,1987.
  38. Stott,W.G.:Antiseptic(Hibiclens)and eye injuries,Med.J.Aust.2:456,1980.
  39. 加藤 健:グルコン酸クロルヘキシジンが原因と考えられる角膜上皮障害の1例,眼科臨床医報 99(4):341,2005.
  40. 平田 清貴 他:急激なショック、アシドーシス、ARDSにより死亡したchlorhexidine gluconate服用例,中毒研究13(4):466,2000.

16.オキシドール

  1. Ito,A.,et al.:Induction and characterization of gastro-duodenal lesions in mice given continuous oral administration of hydrogen peroxide,Gann. 73(2):315-322,1982.
  2. Rees,T.D.,et al.:Oral ulcerations with use of hydrogen peroxide,J.Periodontol. 57(11):689-692,1986.
  3. 穐山 大治 他:外反骨切り術中の過酸化水素水洗浄で酸素塞栓を来した症例,麻酔 51(6):695,2002.
  4. 森川 均 他:頸椎前方固定術中に過酸化水素水を用いた洗浄により酸素塞栓を来した症例,麻酔 43(11):1786,1994.
  5. 笹屋 文香 他:オキシフル口腔・咽頭消毒により発症したメトヘモグロビン血症の1例,日本耳鼻咽喉科学会会報 97(12):2312-2313,1994.
  6. Schneider,D.L.,et al.:Subcutaneous gas from Hydrogen peroxide administration under pressure,AJDC 141:10-11,1987.
  7. Bassan,M.M.,et al.:Near-fatal systemic oxygen embolism due to wound irrigation with hydrogen peroxide, Postgrad.Med.J. 58(681):448-450,1982.
  8. 朝井 裕一 他:オキシドールの使用により左心系の著明な空気塞栓から心停止に至った1症例,日本臨床麻酔学会誌22(8):S234,2002.
  9. 安達 洋祐 他:オキシドールの浣腸による出血性大腸炎の1例,胃と腸 30(11):1462-1464,1995.
  10. 福本 広文 他:オキシドールを誤って浣腸に使用し発症した大腸炎の1例,Gastroenterological Endoscopy 27(9):1863,1985.
  11. 藤村 奈緒 他:低濃度過酸化水素水服用で門脈ガスを認めた1例,中毒研究 21(2):241-242,2008.

17.アクリノール水和物

  1. 山田 明甫 他:2-Ethoxy-6,9-diaminoacridine lactate hydrate(Acrinol)のラットにおける経口亜急性毒性,応用薬理 16(2):337-351,1978.
  2. 三浦 大 他:虫刺、接触皮膚炎が誘因と考えられたWells症候群の1例,臨床皮膚科 56(7):533-536,2002.
  3. 片岡 葉子:各論.23 消毒剤による接触皮膚炎,医薬ジャーナル 38(3):5-12,2002.
  4. 角田 孝彦 他:アクリノールによる接触皮膚炎の1例,皮膚科の臨床 39(4):670-671,1997.
  5. 足立 厚子 他:全身性多形紅斑様皮疹を続発したアクリノールによる接触皮膚炎の1例,皮膚 32(増刊8):121- 126,1990.
  6. 染田 幸子 他:アクリノールに過敏性を示した壊疽性皮膚潰瘍,皮膚 30(増刊5):62-66,1988.
  7. 林 久 他:アクリノール外用で発症した難治性下腿潰瘍の1例,臨床皮膚科 42(7):599-602,1988.
  8. 片岡 葉子 他:アクリノールによる壊疽,皮膚 29(増刊3):242-245,1987.
  9. 田中 正和 他:アクリノールによるアレルギー性接触皮膚炎の組織所見,西日本皮膚科 48(1):168,1986.
  10. 原田 薫 他:アクリノールによる洗浄で腐骨を形成した1例,日本口腔外科学会雑誌 44(3):367,1998.