2021.12.20 乾燥肌

【医師監修】乾燥肌におすすめのハンドクリームは?商品の選び方や適切なケア方法

乾燥肌
  • twitter
  • facebook
  • はてブ!
  • twitter
  • facebook
  • line

顔よりも年齢が出やすい手元。水分がありみずみずしい手は若々しい印象を与えますが、乾燥してごわついた手は疲れた印象を与えてしまうことがあります。

料理や洗い物などの家事をしていると手が荒れやすくなると言われていますが、ハンドクリームで保湿をこまめにする習慣をつけ、手の乾燥対策をすることが非常に重要です。
ハンドクリームはお手ごろな価格で購入でき、持ち運んで外出先でもケアができる便利なアイテムなので、上手に活用してみましょう。

乾燥肌対策におすすめのハンドクリームの選び方

秋冬の寒い季節は湿度の低下により肌が乾燥しやすくなり、夏に比べて手足がカサカサする方が増える時期。特に手の乾燥が気になる方は、ハンドクリームで予防すると良いでしょう。

店頭では様々なハンドクリームが販売されているので、何を購入して良いか迷う方も多いと思います。以下にハンドクリームを選ぶ際の3つのポイントを記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

使用感

まず、ハンドクリームは好みの使用感で選ぶのがおすすめです。

ハンドクリームを塗った後にスマホやパソコンをすぐに使用したい方はさらっとしたテクスチャーのタイプを使う、うるおい重視の方はコクのあるテクスチャーのタイプを試すなど、好みの使用感で選んでみるのが良いでしょう。

ドラッグストアや薬局の店頭にテスターが置かれている場合、肌なじみの良さを確認してみることも可能です。

ハンドクリームをさっと手早く塗りたい方は、キャップの開閉のしやすさなどの操作性も確認しておくと良いかもしれません。

香り

次に、香りの良さでハンドクリームを選ぶのも方法の一つです。

家事のあいまやデスクワークの途中にハンドクリームを塗れば、保湿だけでなく、香りによるリフレッシュ効果も期待できます。商品によっては香りの強いタイプもあるため、匂いに敏感な方は香りの強さもチェックしてみましょう。

成分比率

3つ目に、商品のパッケージ等に記載されている成分表から成分比率を確認してみるのもおすすめです。

化粧品に含まれている成分は、配合量の多い成分から順に成分表に記載されています。保湿力のある成分が多く含まれているかどうかを成分表で確認してみると良いでしょう。

※医薬部外品の場合、配合量順に記載されていない場合があります

症状別に解説!乾燥肌をケアできるハンドクリームの成分

ハンドクリーム選びのポイントとなる、おすすめの配合成分を紹介します。手の悩み別で
おすすめ成分を記載しているので、当てはまる悩みと照らし合わせながらチェックしてみてください。

乾燥・手荒れ

手肌の乾燥や手荒れが気になる方は、高保湿成分が含まれたハンドクリームを選ぶと良いでしょう。

肌にうるおいを与えるヒアルロン酸やコラーゲン、中に閉じ込めた水分を逃がさないように肌表面を保護してくれるシアバターや白色ワセリンなどの高保湿成分がおすすめです。

あかぎれ・ひび割れ

あかぎれや肌のひび割れをケアしたい方は、ビタミン系の成分が配合されたハンドクリームが良いでしょう。特にビタミンEは血行を促進し、肌にハリツヤを出す効果が期待できると言われています。

また、あかぎれやひび割れには、肌にうるおいを与える水分と油分が配合されたハンドクリームが向いています。手が荒れているデリケートな箇所には、刺激が少ない油性の白色ワセリンを活用するのも一つの方法です。

角質・ゴワつき

手の角質が硬くなったりゴワゴワしたりしている方は、尿素が含まれたハンドクリームがおすすめです。尿素は肌の角質を取り除いたり、分解したりして滑らかにする働きがあるので、手がカチコチしている場合は尿素配合のハンドクリームから使ってみると良いかもしれません。

乾燥肌の方がハンドケアで注意するポイント

秋冬に水仕事をする際は、冷たい水や熱いお湯をなるべく使用しないのが良いでしょう。

冷たい水を使うと、手の血管が収縮して血行不良になり、しもやけやひび割れが生じやすくなります。逆に熱いお湯は、肌のバリア機能が低下して乾燥肌を悪化させてしまうことがあるので、温度の設定に気をつけましょう。

また、水仕事をした後はしっかりと手の水分を拭き取り、保湿ケアをこまめに行うよう心がけましょう。

乾燥肌が気になる時のハンドクリームをつけるタイミング

手指の乾燥が気になる場合は、手洗いや水仕事をする度にハンドクリームを塗布するのが理想的です。回数に捉われず、乾燥が気になった際はこまめにハンドクリームを塗ることが重要です。就寝前にも塗って、綿や絹の手袋を併用すると尚良いでしょう。

何度も塗り直すのが面倒な方は、油分が多く水で落ちにくいハンドクリームを使えば、1日に数回の塗り直しで済ませることができるでしょう。

ハンドクリームの適切な付け方

ハンドクリームの量は、肌の乾燥の度合いや商品の適量を参考にしながら調整しましょう。

指先や指の間までしっかりとなじませてマッサージするように塗ると、手の血行促進効果にも期待できます。手の乾燥が著しいときは、ハンドクリームを塗る前に化粧水やブースターを塗布すると良いでしょう。

ハンドクリームで乾燥肌を緩和!適切なケア方法で手のうるおいを取り戻そう

肌が乾燥しやすい季節や水仕事が多い方は、手が乾燥しやすい傾向があります。肌の状態に合ったハンドクリームを選び、こまめに、マッサージするように丁寧に保湿ケアを行うことが大切です。

今回のコラムで説明した商品の選び方やハンドケア方法を参考に、手の乾燥を防いでいきましょう。

川﨑医師よりコメント
就寝時はハンドクリームをつけた後に、綿の手袋や軍手などをはめて寝ると、保湿剤がしっかり吸収されて翌朝はしっとりとした感触になります。冬場など乾燥がひどい時などに試してみるといいでしょう。

監修者
監修者_川﨑加織
医師:川﨑加織
皮フ科かわさきかおりクリニック院長。医学博士、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本抗加齢医学会専門医。
兵庫医科大学病院初期研修医、皮膚科入局からキャリアをスタートし、病院やクリニック勤務を経て、現クリニックを開院。 皮膚科専門医として、女性医師として、母として、患者さんの心と身体に寄り添うことを信条としている。

この記事で紹介された商品について

ベビーワセリン

ワセリン100%配合

無香料、無着色、防腐剤なし

皮膚、口唇の保湿に

ベビーワセリンについてくわしく見る

【医師監修】乾燥肌におすすめのハンドクリームは?商品の選び方や適切なケア方法

このコラムが気に入ったらシェアしよう!

【医師監修】乾燥肌におすすめのハンドクリームは?商品の選び方や適切なケア方法

人気のある記事

おすすめの記事

インフルエンザ予防について

普通の風邪とは異なり、高熱や関節痛など全身に症状が現れるインフルエンザは感染力も非常に高く急激に発症します。インフルエンザに感染しない為には、事前の予防対策が重要。お子様や高齢者の方など年齢や性別を問わず猛威を振るう為、それに伴った手洗いやうがいをはじめとした、インフルエンザの様々な予防対策方法について知ることが大切です。

ノロウイルスなどの感染症予防について

感染症には様々な種類が存在し、ノロウイルスなどの感染症を患うと吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などといった症状を発症することがあります。また、人から人へと感染していく為、お子様や身内の方が感染した際にはしっかりと予防対策をしないとすぐに自分自身に感染してしまうことも。ノロウイルスなどを中心とした、感染症の身近な予防対策方法についてご紹介します。

KENEI CHANNEL

暮らしに役立つ情報を動画でわかりやすくご紹介します。毎日のお料理が楽しくなるレシピ動画や、お掃除のヒントになるようなお役立ち動画などをご紹介します。

製品ブランドサイト

手ピカジェル、手ピカジェルプラスといった、手ピカジェルシリーズやノロパンチなど健栄製薬の製品ブランドサイトをご紹介いたします。

ページの先頭へ