MV画像

コラム
COLUMN

2021.03.09

乾燥肌・スキンケア

【医師監修】鳥肌のようなブツブツは乾燥肌が原因?疑われる皮膚のトラブルについて解説

38_01

乾燥する季節、肌にザラつきを感じることがあります。とくに二の腕や背中などの広い部分は、ブツブツとした鳥肌のような湿疹ができてしまうことも…。

実は、この鳥肌のような湿疹は、乾燥肌やアトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルの可能性があります。そのため、冬場に二の腕や背中を出さないからと放置していると、悪化させてしまうことがあります。

乾燥は肌にとって大敵。さまざまなトラブルを引き起こすので、そうなる前にしっかり対策をすることが大切です。今回は、鳥肌のような湿疹の原因や疑われる皮膚トラブルと併せて、対策方法も解説します。

鳥肌のような湿疹の原因は乾燥肌?

二の腕や背中に鳥肌が立ったようなブツブツとした湿疹ができていたということはありませんか。この鳥肌のような湿疹はかゆみも痛みもないことが多く、肌の露出が少ない季節には放置しがちです。

乾燥肌になっている時は、肌が生まれ変わる仕組みである「ターンオーバー」が崩れて、バリア機能が低下していることが考えられます。

湿疹のようにブツブツとして見えるのは、このターンオーバーがうまくいかず古い角質が残っている場合があるのです。古い角質が残った箇所は、ブツブツした感触になったり、鮫肌のようになったりすることもあります。

鳥肌のような湿疹はアトピー性皮膚炎が原因の可能性がある

鳥肌のように見える湿疹は、アトピー性皮膚炎の症状としても知られています。以下で、アトピー性皮膚炎についてくわしく解説していきます。

●アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、皮膚に湿疹ができる慢性的な病気です。症状の具合には個人差がありますが、かゆみを伴い、よくなったり悪くなったりを繰り返すことが特徴です。

アトピー性皮膚炎による湿疹は左右対称にできることが多く、手足の関節の内側や脇、顔面など比較的皮膚の薄い部位にできやすいといわれています。

アトピー性皮膚炎の原因は遺伝やアレルギー、生活習慣などが関係していると考えられています。

健康な肌であれば、皮脂膜や角質層がバリアとなりアレルゲンや外的刺激から守ることができます。しかしアトピー性皮膚炎になると肌のバリア機能が低下し、外的刺激やアレルゲンの影響を受けやすくなります。その結果、異常な炎症が起き、かゆみが出たりガサガサしたりしてしまうのです。

●アトピー性皮膚炎は大人も発症する場合がある

アトピー性皮膚炎は一般的には子どもに多く見られる症状ですが、大人でも発症する場合があります。

大人になってからアトピー性皮膚炎を発症する原因にはさまざまなものがありますが、体質的なものや飲酒・喫煙、食生活、睡眠不足といった生活習慣が関係していることもあると考えられています。

●アトピー性皮膚炎はストレスの影響を受けやすい

アトピー性皮膚炎とストレスには、深い関係があるといわれています。近年、成人型のアトピー性皮膚炎が増加傾向にあり、その原因の1つがストレスだと考えられています。

成人型のアトピー性皮膚炎に悩んでいる方のなかには、それほどかゆくないのにかきむしってしまう掻破(そうは)癖を持っている方もいます。その場合、ストレスを感じたときに無意識にかいてしまうため、症状の悪化を招くことがあるのです。

また、仕事が忙しいときに湿疹がひどくなることもあるので、ストレス症状によるものを非アレルギー性の悪化因子ともよびます。

アトピー性皮膚炎が疑われる場合はどうする?

かゆみや湿疹があり、少しでもアトピー性皮膚炎の可能性がある場合は、早めに病院を受診し、医師の診察を受けるようにしてください。

アトピー性皮膚炎は時間が経つと悪化する傾向にあるので、肌の状態を医師に診てもらい適切な対処法を教えてもらいましょう。かゆみや痛みの症状がある場合は、薬を処方してもらえる可能性もあります。

●医師の診断のもとセルフケアを行う

病院でアトピー性皮膚炎と診断された場合は、医師の指導の元でセルフケアを行っていきます。

アトピー性皮膚炎の肌は乾燥しやすいため、乾燥肌対策を行うことが基本です。症状が軽い場合は、保湿をしっかりするだけで改善することもあります。

また、アトピー性皮膚炎はストレスとも関係しているといわれているため、日頃からストレスをためないようにすることも大切です。

乾燥肌対策には毎日の保湿ケアが必要不可欠

38_02

鳥肌のような湿疹の原因がアトピー性皮膚炎ではなく乾燥でも、毎日の保湿ケアが不可欠です。

以下で、乾燥肌の方にぜひ実践してほしい保湿ケアを解説します。

●石けんや洗顔料はしっかり泡立ててから使う

乾燥肌は敏感になりがちなので、顔や体を洗うときはしっかり泡立てて、泡でやさしくなでるように洗うのが基本です。ナイロンタオルでゴシゴシ洗うと、肌に刺激を与える可能性があるので、手や綿素材のものを使います。

肌への負担を減らすために、刺激の強い石けんやシャンプー、洗顔料は避けるようにしましょう。敏感肌や乾燥肌の方に向けたものもドラッグストアなどで販売されています。

洗浄後は、40℃程度のぬるま湯で泡が残らないように気をつけながら、肌をこすらないように丁寧に洗い流します。

●洗顔後や入浴後にしっかり保湿ケアを行う

洗顔後や入浴後は肌が乾燥しやすくなっているので、できるだけ早く保湿ケアをするようにします。できれば、柔らかいタオルで軽く水分をふき取ったあと、水分が残っているうちに保湿するようにしましょう。

またアトピー性皮膚炎の場合は、毎日入浴して肌を清潔に保つことも大切です。乾燥肌と同じようにやさしく肌を洗浄し、保湿剤を使い乾燥を防ぎます。

保湿剤が肌に合わないと感じた場合にはすぐに使用を中止し、かゆみや痛みがある場合は皮膚科で相談するようにしましょう。

●乾燥肌対策として加湿器などを活用する

部屋の空気が乾燥していると、肌の水分が蒸発する可能性があります。乾燥肌対策として、加湿器などで部屋の湿度を管理するようにしましょう。

外出先や職場では、ポータブル加湿器などを活用すると肌の乾燥を防ぐ効果が期待できます。

夏場でも室内はエアコンで乾燥しているので、乾燥肌の方は1年を通して部屋を加湿するようにしましょう。

鳥肌のような湿疹ができる前にしっかりと乾燥肌対策を行おう

鳥肌のような湿疹は、乾燥肌やアトピー性皮膚炎が原因として考えられます。湿疹ができる前に、日頃からしっかりと保湿ケアを行い、乾燥肌対策をしましょう。

また、かゆみや赤みがありアトピー性皮膚炎が疑われる場合は、自己判断でセルフケアをする前に医師に相談することも大切です。

中島医師よりコメント

二の腕のブツブツとしたざらつきは、ターンオーバーが乱れ古い角質がたまっていることが考えられます。乾燥肌はターンオーバーの乱れを起こしますので、保湿剤などで乾燥予防することが大事です。

監修者画像

監修者

医師:中島由美

金沢医科大学医学部を卒業後、大学病院で小児科、市中病院で内科医として勤務。皮膚科、美容皮膚科でも研鑽を積み、2018年クリスタル医科歯科クリニックにて内科、アレルギー科、美容皮膚科を開設。内科院長として勤務。

この記事を読んだあなたに
おすすめの製品

MV画像
乾燥肌なおそう!ヒルマイルド

乾燥肌治療薬

  • ヒルマイルド

    クリーム
    第2類医薬品

  • ヒルマイルド

    ローション
    第2類医薬品

ヒルマイルド製品画像
TOPPAGE

TOPPAGE